ブログ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ 

2019年 2月 25日 受験生の皆さんへ

 


 

こんにちは、大河原です!

 

今日は国立大学前期入試の1日目でした。

 

3月に入るとほとんどの私立大学が入試を終え、合否発表も出揃ってきます。

 

 

正直、そろそろ疲れてきたのではないでしょうか。

 

毎日のように試験や合否発表があって緊張と集中を強いられるのはもちろんですが、

 

先に受かった友達が遊んでいたり、自分が不合格だった大学に合格した人の話を聞いてしまったり、

 

自分でも気づかないうちに追い詰められているかと思います。

 

 

しかし、国立入試はここからが本番です。

 

 

まず、試験が2日にわたる人は、

 

絶対に最後まであきらめないでください。

 

1日目失敗したとしても、2日目で挽回できるかもしれません。

 

本番は本当に何が起こるかわからないんです。

 

私は1年前の第一志望の入試のとき、

 

得意科目の国語で失敗し、苦手科目の日本史で点を稼ぎました。

 

もしかしたらみなさんも、苦手科目がうまくいくかもしれないし、

 

今勉強したらその内容が明日試験にでるかもしれないのです。

 

疲れたから、今更やってもどうせ変わらないからと思わないでください。

 

最後まで足掻いた人が勝ちます。

 

 

 

そして、国立後期受験を控えている人

 

あと2週間、つまり半月もあります。過去問対策は今からでも十分間に合います。

 

前期試験が終わった瞬間に対策を始めてください。

 

この時期は1日1日が長く、無性に勉強をやめたくなるかもしれませんが、

 

それに耐えた人だけが後期受験の高い倍率をくぐり抜けるのだと思います。

 

 

後悔しないように、今ある時間を大切にして、最後まで希望を持ってください!

 

応援しています。

 

 

 

 

 

 

2019年 2月 24日 模試の復習は1週間以内に済ませよう!

こんにちは、担任助手2年の松尾です!

今日はセンター試験本番レベル模試でしたね!

模試を受けた人は、自己採点を済ませましたか?

 

みなさんは、「SEE→PLAN→DO」を知っていますか?

それぞれ説明すると、

①SEE(=分析する)

模試の結果を踏まえて自分の現状と目標のギャップを把握する。

自分に足りないものは何か、何をすれば点数が上がるのかを分析する。

 

②PLAN(=計画する)

分析結果をもとに、具体的にどんな勉強をすればよいのかを考え、

計画に落とし込む。

 

③DO(=実行する)

立てた計画を100%やりきる!!!

 

という感じです!

この3つのサイクルを試験本番まで繰り返していき、

自分の実力を伸ばしていく、という流れになります。

 

模試を解き終えたばかりの皆さんが

まずやるべきことは、

①のSEE(=分析する)です!

自分の解答と正しい解答を見直し、

課題点をしっかり見つけましょう。

 

解いた直後が一番問題を解いたときの感覚が残っているので、

記憶が新しいうちに復習をやりきり、

4月模試を見据え、早い段階でPLANに移れるようにしましょう!

 

2019年 2月 23日 自分の大学について

 

こんにちは!!担任助手の蛯名です

 

本日は自分の大学について話していきたいと思います!

 

自分は現在

 

東京大学

前記教養学部(理科二類)

 

に通っています!

 

キャンパスは駒場キャンパスでこんな感じです↓

 

思ったより、さびれているし、結構普通のキャンパス、、、?

 

と思うかもしれませんが!秋になるとこんなにキレイになります!!

東大の銀杏並木はとてもキレイです。とくに駒場祭の頃には黄葉も全盛に差し掛かり、写真家も結構訪れてきています。

 

 

ところで、そんな東大ですが、始めは、文理関係なく

 

前記教養学部

 

という学部に皆入ります。(紹介のときに前記教養学部(理科二類)と表したのはそのためです)

 

前記教養学部では教養的に様々なことを浅く広く学ぶのですが、

 

より専門的なことを学んでいくもしくは資格試験や司法試験等に受かっていこうとするなら、

自分で勉強するしかありません。

 

しかし、その環境は十分揃っています

図書館の蔵書数はとても多く、学ぼうとしたことの大概はあります。

 

これは東大からのメッセージであるとも考えられます。

 

「世界のリーダーたるものは自ら進んで学習を進めていくべきである。その環境はしっかりと提供しよう」

 

と。

 

自分で興味あること、やりたいことを進んで学んで行く姿勢を体現していく場が

東京大学前記教養学部なのではないかと私は思います。

 

 

 

 

2019年 2月 22日 一ヶ月後は・・・

こんにちは!担任助手の岸です

今日は2月22日ですが、一ヶ月後は何の日か、皆さんご存知ですか?

そうです!

3月22日(金)は、、、

西きょうじ先生特別授業

です!

みなさん英文法は得意ですか??

模試後に面談をすると、みんなそろいもそろって、「大問2ができなかったです」といいます…。

しかし文法は英語の基本です!

英文法がわからなければ、長文をなんとなくは読めても、正しく・速く読むことは絶対にできません。

今回の西先生の特別公開授業では、「名詞と冠詞」に絞って、英文法の基本について学びます!

「名詞と冠詞」は、曖昧にしてしまいがちですが、

長文読解だけでなく、

英作文など、自分で英語を書いたり、喋ったりするときに理解していることが必須です。

3月22日(金)、西きょうじ先生の特別公開授業に出席して、冠詞マスターになろう!!

友人紹介も行っていますので、高校のお友達とお誘い合わせのうえ、お越しください!

 

 

 

2019年 2月 21日 模試の目標点、覚えていますか?

 

こんにちは、担任助手2年の松尾です!

 

私立大学の試験も終わりに近づいてきて、

国公立入試もいよいよあと4日ですね。

最後の最後まで絶対にあきらめず、

合格のために1点でも多くとれるよう

悔いのないラストスパート頑張ってほしいと、

毎日毎日祈るような気持ちです。

 

さて、新学年のみなさんは、3日後には2月センターレベル本番模試ですね!

同日体験受験を受けて、約1ヶ月が経とうとしていますが、

みなさんはこの1ヶ月間、全力で勉強できましたか?

 

今日思い出してほしいのは、みなさんが同日体験受験の直後に決めた、

2月模試の目標点です!!

模試が近づくと、目先の勉強に気を取らわれてしまい、

肝心の目標点を忘れてしまう人がいるかもしれません。

 

目標点を決めていない、あるいは意識せずに勉強している人は、

長期的な視点が足りないです…!

 

目先の勉強にとらわれすぎて、

何のために いまこの勉強をしているのかが分からないまま

とりあえずマスター、とりあえず受講、とりあえず音読、

をしてしまっている人は、危険です!!

 

自分の第一志望の試験日やセンター試験本番など、

自分の必要な点数な点数から逆算すると、

この時期までに何点必要で、

この科目はここまで伸ばしておかなけらばいかない、

など具体的に目標点が決まってくるはずです。

 

その目標が決まったら、具体的に何をするのかが決まります。

 

例えば、夏休みに入る前には

センターレベルの英語の文章はスラスラ読めるようになって

8割突破したいから

まずは今週末までにマスター英単語1800を完全修得しよう、とか

 

日本史の範囲は6月末までに終わらせて

8月模試で8割突破したいから

2月末までには3分の1までは自分で予習して進めよう、など、

 

〇〇達成のために△△をしている

という意識を持つことは

勉強を進めていく上で非常に重要になってきます!

 

目標に向けて頑張って、

目標を突破できたときの喜びは必ず自信になり、

今後の勉強のモチベーション維持に繋がってくると思います。

 

目標をしっかり思い出し、

〇〇点突破のために△△の勉強をしているという意識を持って

残り3日間学習していきましょう!