ブログ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ 

2018年 12月 11日 基礎を固めよう!

こんにちは! 担任助手1年の富原です。

今日は基礎固めについてお話しようと思います。

 

 

みなさんは「各教科の基礎が固まっている」

と自信をもって言えますか?

漫然と問題を解いていると、定理や知識が抜けてしまったり、

ずっと同じ範囲を解いていると他の範囲を忘れてしまったりしますよね。

基礎固めは思ったより簡単ではないのです。

そこで、基礎固めをうまくこなすコツを紹介します♪

 

 

1. 新しい範囲は易しい問題をたくさん解く

学校や塾で習いたて、覚えたての新しい範囲は

きちんと復習して、定義・定理・公式・知識などを詰め込んだ状態で

易しい問題を多く解きましょう!

問題演習をすぐに行うことで、

知識のインプット→アウトプットの流れ

ができ、

間違えた箇所や分からない問題を復習することで

もう一度知識のインプットが行えます。

そうすることでさらに知識が定着しやすくなります!

 

 

2. 既習の範囲は定期的にチェック

「テスト範囲じゃないからいいや」「この前の模試で大丈夫だったからもういい」

などと思っていると、復習を怠りがちになります。

もう学習済みの範囲は

定期的にチェックして復習や問題演習を行いましょう!

復習をためておくと、既習範囲が増えていくにつれて

復習しなければならない量が増えていって、大変になってしまいます…。

そうなる前に自分で期間を決めて(例えば2週間に1回など)

知識が定着しているかどうかチェックしましょう!

 

 

3. 長期休みこそ全範囲を復習する勢いで!

長期休みなど、勉強できる時間が普段よりぐっと増える時期は

習った範囲を全部復習する気持ちで臨みましょう!!

この時期に復習できたか否かで、

「長期」的に知識が抜けてしまうか

「長期」的に知識を維持できるかが決まります。

2. のように定期的に復習できていたら

全範囲復習するときの負担は軽くなります。

 

 

 

以上です。いかがでしたか?

「基礎は応用問題を解くのに必要だ」とよく言われますが、

基礎固めには徹底したメンテナンスが不可欠です。

根気よく取り組んでいきましょう!!

2018年 12月 10日 スキマ時間活用法!

こんにちは!

電気通信大学に通う一年生担任助手、石関です!

今日は、新高校三年生(現高校二年生)以下のみなさんに伝えたいことがあります!!

image1.jpeg を表示しています

皆さんの中には定期試験が終わって自由にできる時間が増えた人もいるとは思いますが、

なかには今日から定期試験で忙しい!という人もいると思います。

 

それでも、どんなに忙しくても、東進生なら東進の勉強を一分もしない週があってはいけません!

というのも、一度ゼロを作ってしまうとその後も気が緩み、東進の勉強に手が進みにくくなるという生徒が多くいるからです!

みなさん、心当たりがありませんか、、、?

 

「定期試験を全力で対策し、翌日や翌々日は勉強をしなくてもいいよね」と思ったことがあるのではないのでしょうか。

いままで東進に入ってから何回か定期試験を経験したことがある人にとっては身近で、

最近東進で頑張り始めた人にとってはあまり実感がないとは思いますが、

 

そのあとに勉強の習慣を取り戻すのに苦労するという流れが多いです。

 

そこで、解決できる方法で、学力も身に付きやすいいい方法があります!

 

それはスキマ時間を活用することです。

平日のスキマ時間にマスターを1ステージだけでも進めたり、

日曜日などのスキマ時間に受講を1コマ進めるだけでも東進の勉強習慣を保つことに役立ちます!

これは先日新宿で行われた新学年向けのホームルームでも言われていたことではありますが、

石関からも推したいと思います!!

 

スキマ時間といえば、最近ではスマートフォンの普及により、SNSやゲームなどの誘惑が大きくなっています。だからこそ、スキマ時間を自分のために使えるかどうかは受験就職などで大きな差をつくります。

 

平日のスキマ時間は主に通学や何かを待っている間にあります。例えばスマホに高速基礎マスターを入れるだけでも十分にスキマ時間を活用することができるので入れてみてください。

自分は誘惑となるアプリの横にマスターを入れることで、義務感を思い出すという作戦をとっていました(笑)

 

休日はいうならすべてがスキマ時間であるといえるでしょう。

自分は、試験期間でも受講の予定をいれ、校舎に来なければならない理由を作っていました。

試したことがない人は試験勉強の時間が減ように思うかもしれません。これが意外と試験勉強もいい結果になります。

試験対策も校舎に来て集中して勉強をしたことで、かえって学習効果も高まったのだと思います。

 

 

最後に、自分のスキマ時間も紹介したいと思います!

以前は、大学に行くまでの電車の中では代り映えのしないSNSを開いていたのですが、

最近本を読むようになり、大学の勉強以外の知識を吸収することができています!!

「いいことやってる♪」と、それだけでも楽しい気持ちになれます!

 

 

少し話がそれましたが、今日はスキマ時間活用ということで

欠かさずに勉強することについて紹介させていただきました!

今忙しい皆さんも、試験の後にはセンター試験本番レベル模試

センター同日体験受験が控えています。

すべてに万全の対策をするために、スキマを探して勉強をすすめていきましょう!

 

 

2018年 12月 9日 千題テスト結果発表!

こんにちは、担任助手3年の岸です。

 

本日下北沢校は地歴公民千題テストの2日目でした!

今日は10時から18時と非常に長い時間でしたが、みんな集中して頑張りました(^^)9

隣同士で交換して採点し、セクションごとにランキングも出されるので緊張感がありました。

切磋琢磨した結果、見事下北沢校1位に輝いたのは

904点を獲得したSさん!!

すばらしいですね!

 

 

 

今回悔しい思いをした人も多くいると思います。

そういう人は、センター試験本番まで

だれよりも死ぬ気で復習してください!

はじめから満点を取れる人はいません。

 

でも、ここからは努力です。

自分の欠点から目をそむけずに、どれだけやり込めるかが大切だと思います。

ぜひ満点をとれるようになるまで、あの冊子がボロボロになるまで何百回でも解き直してください!

 

ちなみにわたしは、千題テストをセンターまでに10回以上復習して、

12月の最終センター本番レベル模試→センター本番で10点以上得点が上がりました。

あきらめないでやり続けることが大切です!

たくさん間違えてしまった人ほど、ここが成長のチャンスです。

がんばりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

2018年 12月 9日 千題テスト(地歴公民)実施!

こんにちは、担任助手2年の松尾です!

 

今日は、千題テストの実施日ということで、

千題テストの活用法、復習法についてお話したいと思います!

 

千題テストでいちばん大事なのは復習です!

当日全然得点がとれなくても気落ちせず、気持ちを切り替えて復習にあたってください!

 

私が受験生のときにどのように復習していたのか共有しておきますので、よかったら参考にしてください!

 

①間違えた部分を何度も繰り返し解き、100点がとれるようになるまで繰り返す

かなり当たり前のことではあるのですが、本当に侮らないで欲しいです!

センター試験の点数が12月は素点で6割くらいだった私も、

復習を重ねたことで試験前には9割近くまでとれるようになりました。

具体的にはまずは音読で覚えて、次に書けるかどうか確認する流れで復習していました。

とにかく、一度解いた問題を確実に解けるようにする練習は繰り返しやりましょう!

 

②ただ問題を解くだけでなく、周辺知識も復習する

問題を解きながら「そういえばここらへん不安だな」とか、「あの人の名前何だったけ」

といった疑問が出てくるときが、暗記のチャンスだと思います。

不安な要素をいかにつぶせるかで当日の心意気も変わってくいるので、

問題に出題されていなくても「不安だな」と一瞬でも思ったところは

まとめて早めに確認して覚えましょう!

 

また、記述問題が出題される大学を受験する人は、

漢字が正しく書けるか、一言一句間違えずに解くことができるか

確認しながら復習にあたって下さい!

 

とにかくせっかく2日間もかけて問いた問題なので、復習は全力で取り組み、

明日も千題テストは実施しますので、今日から気持ちを切り替えて、明日に挑みましょう!

 

 

2018年 12月 7日 あと40日…!

こんにちは。担任助手3年の勝川です!

 

個人的なことですが、ついこの間ゼミの研究発表が終わりました。

「少年非行」についての研究発表で、法務省の偉い人や教授も来ていたので緊張しましたが、

無事終わって安心しています。

大学では、あらかじめ決まった答えを求める高校までの勉強と違って、

「自分で問いを立てて、自分なりの答えを探し求めていく」という勉強をします。

大変ですが、自分の本当に興味のある分野を突き詰められるのでとても楽しいです!

みなさんもいまから、大学に入ったらどんなことを学んでみたいか、積極的に考えてみてくださいね。

話は変わりますが、みなさん

40

この数字は何だと思いますか??

受験生の方はいわずもがな、だと思いますが、、、

高1・2生の皆さんはわかりましたか?

正解はセンター試験同日体験受験までの残り日数です!

多くの人が11月頃に、受講やマスターの計画を立て、合格設計図を書いたことと思います。

予定通り進められていますか?

やり残しや遅れはありませんか?

今の時期は学校の定期テストなどもあり、忙しい時期かもしれません。

しかし、忙しいことを言い訳に、

本当にやるべきことを先延ばしにしていないでしょうか?

ゴールから逆算していま一番やらなければいけないことはなにか

見失わないようにするために書いているのが合格設計図です。

ずれてしまった人はもう一度確認し、早めに修正しましょう!