校舎の様子 | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール下北沢校 校舎長 井東 洋太

東進ハイスクール下北沢校校舎長の井東洋太と申します。下北沢校では大学受験を通して「努力の天才」を育てていきたいと思っています。大学受験は決して平坦な道のりではありません。時には大きな壁に直面すると思いますが、その壁を乗り越えるときに人は大きな力を発揮し、大きく成長します。そうして培った経験が、将来につながる大きな財産となってくるはずです。まずはその第一歩を下北沢校で踏み出してみませんか。下北沢校では第一志望校合格に向けて全力で努力するみなさんを本気でサポートしていきます。一緒頑張っていきましょう!

 

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

北島 裕太 くん 東京大学 理科一類
駒場東方高等学校 卒 バレーボール部 東進ハイスクール下北沢校 OB
北島 裕太 くん 東京大学 理科一類
担任助手として一言
皆さんには、なりたい自分というのが多少なりともあるはずです。大学受験というのはなりたい自分への中間地点でしかありませんが、一方でなりたい自分になるために多くの場合欠かせない大きな一歩でもあります。志望校を目指して自発的かつ意欲的に学ぶという経験は、将来必ず役に立ちます。私たちは、志望校合格への方針を皆さんと共に考え、なりたい自分に向かって一生懸命に努力する皆さんを全力でサポートします。一緒に頑張りましょう。下北沢校でお待ちしています!
野口 潤之介 くん 一橋大学 社会学部
東京学芸大学附属高等学校 卒 フィールドホッケー部 東進ハイスクール下北沢校 OB
野口 潤之介 くん 一橋大学 社会学部
担任助手として一言
こんにちは!担任助手1年の野口です!大学受験は、高校生のみなさんにとって今までの人生で最大の難関だと思います。学校生活も楽しみながら東進に通い詰め受験を経験した自分だからこそ、今から受験を迎える高校生に、担任助手として伝えられることがあると思っています。自身の経験を活かしながら受験生に寄り添って志望校合格へと導きたいと考えています。担任助手として、努力を重ねる受験生を全力でサポートしていきます!
櫻井 美里 さん 早稲田大学 政治経済学部
東洋英和女学院高等部 卒 ハンドベル部 東進ハイスクール下北沢校 OG
櫻井 美里 さん 早稲田大学 政治経済学部
担任助手として一言
受験は「努力した人が勝つ」シンプルな勝負です。下北沢校には、目標に向けて努力を惜しまない生徒がたくさんいます。私は、そんな下北沢校で日々刺激を受け、充実した受験生活を送ることができました。受験で得られた成功体験は、その後の人生においても大きな自信になります。みなさんが第一志望合格というゴールに突き進めるよう、私たちも全力でサポートします。大学受験、自分史上最高の努力をしてみませんか?

→もっと見る

熊坂 優希 さん 首都大学東京 理学部
恵泉女学園高等学校 卒 かるた部 東進ハイスクール下北沢校 OG
熊坂 優希 さん 首都大学東京 理学部
担任助手として一言
これから大学受験を迎える皆さんは、私大の定員数削減や入試形態の変化などたくさんの不安の中で第1志望の大学を目指して勉強をしていくと思います。受験勉強は辛く、1人で乗り越えるのは大変です。私達担任助手も下北沢校で受験を乗り越えてきました。自分たちの経験から皆さんに伝えられることが沢山あると思います。私達担任助手は皆さんを全力でサポートし、夢への中間目標である大学受験を下北沢校で一緒に乗り越えたいと思っています。下北沢校で第一志望合格を勝ち取りましょう!
蛯名 竜也 くん 東京大学 理科二類
早稲田高等学校 卒 水泳部 東進ハイスクール高田馬場校 OB
蛯名 竜也 くん 東京大学 理科二類
担任助手として一言
こんにちは!担任助手の蛯名と申します!さて皆さん、受験は「勝負」です。「勝負」であるということは「勝者」と「敗者」がいます。そして、その勝ち負けを左右する要因の一つに「戦略」があります。野球やサッカーのような「勝負」に「戦略」があるのと同様に、受験という「勝負」にもしっかりと「戦略」があります。我々担任助手は皆さんを「勝ち」へと導く「戦略」を共に考えていきます。共に「勝利」を手にできるよう一緒に頑張っていきましょう!
秋山 拓海 くん 東京工業大学 物質理工学院
早稲田高等学校 卒 サッカー部 東進ハイスクール下北沢校 OB
秋山 拓海 くん 東京工業大学 物質理工学院
担任助手として一言
私は受験生の第一志望合格を絶対的な目標に掲げています。当たり前のことですが、大学受験は高校生のうちにしかできないことです。しかし、自分の将来についてたくさん悩むことも高校生のうちにしかできないことの一つだと思っています。自分の将来や夢を見据え、中間目標として大学合格できる指導を目指します。自分は部活動を3年の5月までやっていたので、部活動と両立を目指したい生徒も今から間に合うか不安な生徒もぜひ一緒に頑張りましょう!
鈴木 菜穂 さん 昭和女子大学 生活科学科
下北沢成徳高等学校 卒 ソフトバレーボール部 東進ハイスクール下北沢校 OG
武鈴木 菜穂 さん 昭和女子大学 生活科学科
担任助手として一言
皆さんは大学受験をイメージできていますか?大学受験をイメージしきれてなかったり、やる気はあるけどやり方が分からなかったりする人は多いと思います。私達は大学受験を身をもって体験しました。だからこそ伝えられることがたくさんあります。それを自分のものにして具体的なイメージを持ちながら努力を重ねてもらいたい。漠然としたイメージで止まってるいる人は是非、”頑張りたい!”という気持ちを持ってこの下北沢校に飛び込んできて欲しいです!私達は皆さんが最大限に努力できる環境を作って待っています。
石塚 美里 さん 学習院大学 理学部
駒場高等学校 卒 体操競技部 東進ハイスクール下北沢校 OG
石塚 美里 さん 学習院大学 理学部
担任助手として一言
こんにちは!担任助手の石塚です!ほとんどの人が受験について考えると不安なことばかりだと思います。確かにとても辛く、逃げ出したくもなると思います。ですが、その不安を乗り越え、第一志望校に合格した時の達成感や喜びは何にも変えられないものになるはずです!担任助手は受験について新しい知識を持っているので勉強のことだけでなく、何か不安なことなどがあったらぜひ相談に来てください!私たちはいつでも皆さんを応援しています!一緒に頑張りましょう!
金澤 杏実 さん 早稲田大学 文学部
豊島岡女子学園高等学校 卒 バレーボール部 東進ハイスクール下北沢校 OG
金澤 杏実 さん 早稲田大学 文学部
担任助手として一言
受験目前になると、誰だって不安になるときがやってきます。私も受験が始まってからは何千人といるライバルのことや、私大の計り知れない倍率の高さのことを考えて、自分の実力が分からなくなり、不安で勉強も手につかなくなりました。しかしそんな時に私を支えてくれたのは、ひたすらに積み重ねてきた勉強量でした。「これだけやってきたんだから大丈夫」という自信がなによりも心の支えになりました。みなさんにも、これから一年間不断の努力を積み重ね、何物にも代えがたい自信を育ててもらいたいです。下北沢校で私たちと一緒に頑張りましょう!
武田 卓 くん 慶應義塾大学 薬学部
早稲田高等学校 卒 野球部 東進ハイスクール下北沢校 OB
武田 卓 くん 慶應義塾大学 薬学部
担任助手として一言
大学受験は結果と過程の二つの視点から見てみましょう。まずは結果にこだわることが第一だと思います。必ず第一志望校に合格したいという気持ちが必要です。その受験勉強の過程で、苦しんだり試行錯誤することで、一回りも二回りも、成長できるチャンスがあります!そのサポートを全力でしていきます!大学受験において、ここまで成長できるのは、東進ハイスクール下北沢校だからこそだと思っています!一緒に第一志望校合格に向けて努力していきましょう!
手島 龍一 くん 法政大学 経済学部
東京農業大学第一高等学校 卒 東進ハイスクール下北沢校 OB
手島 龍一 くん 法政大学 経済学部
担任助手として一言
受験は厳しいもので「絶対」はありません。どんなに勉強しても努力しても第1志望に必ず受かる保証はありません。ただ間違いなく言えるのは勉強、努力をしない人は受からないということです。なので過去の事は忘れ去り「今」に全力を注ぐしかないのです。合格を掴み取るのは自分自身です!でも悩んだり、辛くなったらいつでも担任助手を頼ってみて下さい!どの塾よりも寄り添って助けてくれると思います。自分も自分達の先輩もそうやって受験を乗り越え合格してきました。最後まで一緒に戦い抜きましょう!
千野 美波 さん 慶應義塾大学 文学部
田園調布学園高等学校 卒 バトン部 東進ハイスクール下北沢校 OG
千野 美波 さん 慶應義塾大学 文学部
担任助手として一言
受験勉強中は、目標がすごく遠く感じられ、本当に自分に達成可能なのか、不安に負けそうな時もあると思います。そんな時に支えになるのは、「今日、今、やるべきことを確実にやって来た」という自信だと思います。私自身そのことは受験本番でも自分を助けてくれる力になりました。私は担任助手として、みなさんが目標を一つずつクリアしていくためのサポートをできたらと思っています!合格に向けて一緒に頑張りましょう!
櫻井 優太 くん 東京農工大学 工学部
駒場高等学校 卒 硬式テニス部 東進ハイスクール下北沢校 OB
櫻井 優太 くん 東京農工大学 工学部
担任助手として一言
大学受験は、自分の性格や内面の特長を改めて考える機会だと思います。またその分析が勉強効率を上げる大事な情報ともなります。しかし自分はその事をよく考えず気分で受験勉強をして、多くの回り道をしてきました。回り道はそれだけではありませんがその自分の経験を生かして生徒の皆さんが回り道するのをやめ、受験への気持ちを支えていくことが担任助手の仕事だと思っています!気軽に相談しに来てください!
石関 政洋 くん 電気通信大学
東京都市大学附属高等学校 卒 エレクトロニクス研究部 東進ハイスクール下北沢校 OB
石関 政洋 くん 電気通信大学
担任助手として一言
大学入試では時として「その一瞬の暗記量や計算力が高ければ合格」といえることもあります。しかし、それだけでいいのでしょうか。何を求めて大学で勉強をするのかを明確にしながら受験勉強に取り組むことで、より意欲的に勉強に取り組むことや、大学入学後の勉強に対する気概も養うことが期待できます。映像授業などによる学力の向上もさることながら、僕たち担任助手のサポートにより人生における大きな一歩を成功させるお手伝いをさせていただきたく思います。ここ下北沢校で将来に向けて一緒に頑張りましょう!
勝川 暢之 くん 青山学院大学 経済学部
成城学園高等学校 卒 陸上部 東進ハイスクール下北沢校 OB
勝川 暢之 くん 青山学院大学 経済学部
担任助手として一言
入試形態が大きく変化しようとしている中、大学受験をしようと思うことはとても不安に感じていることと思います。勿論、大変な事が多い大学受験です。ですがその中で「自ら考え実行する力」を養い、その最後、第一志望校合格をつかみ取ったときは、何物にも代え難い喜びがあります。ぜひ私達と共に第一志望校合格を掴み取りましょう!
岸 こころ さん 早稲田大学 法学部
鴎友学園女子高等学校 卒 ソフトボール部 東進ハイスクール下北沢校 OG
岸 こころ さん 早稲田大学 法学部
担任助手として一言
大学受験に合格することは、ゴールではなく、夢への第一歩です。だからこそ私たちは、「受験を通してどんなふうに成長したいのか」「どんな夢を叶えたいのか」というみなさんの志を応援したいと思っています。勉強だけではなく、部活や課外活動を全力で頑張りたいという人も大丈夫。下北沢校では、一人一人が全力で頑張れる環境をつくっています。ぜひ校舎に一度来てください。一緒に夢を叶えましょう!
町田 菜々子 さん 明治学院大学 経営学部
玉川学園高等学校 卒 東進ハイスクール下北沢校 OG
町田 菜々子 さん 明治学院大学 経営学部
担任助手として一言
大学受験は自分で決める人生の大きな分岐点です。東進ハイスクール下北沢校にはあなたの夢を応援し、時に厳しく、悩み事は一緒に考え、そして日々の努力を見て自分のことのように喜んでくれる、そんな担任助手がたくさんいます。今、第一志望校に合格できるか不安に思っている人も下北沢校に来れば大丈夫です!わたし達担任助手が全力で最後までサポートします。人生の大きな分岐点を一緒に走りぬきましょう!ぜひ校舎でお待ちしています。
松尾 香菜 さん 上智大学 総合グローバル学部
国際基督教大学高等学校 卒 東進ハイスクール下北沢校 OG
松尾 香菜 さん 上智大学 総合グローバル学部
担任助手として一言
大学受験は楽しいことばかりではないですが、辛いこともあるからこそ、自分を大きく成長させる機会だと思います。自ら求めて努力を続けていき、「第一志望合格」という大きな中間目標を達成できた時、みなさんにとって大きな自信になると思います。下北沢校は、みなさんが最大限に努力を継続し、第一志望に合格できるよう、スタッフ一同全力でみなさんを鼓舞します!一緒に頑張りましょう!
井上 峻輔 くん 立教大学 社会学部
国学院久我山高等学校 卒 バレー部 東進ハイスクール下北沢校 OB
井上 峻輔 くん 立教大学 社会学部
担任助手として一言
近年の入試は過去のデータが示してくれているもの以上に厳しくなってきています。その現場を肌で経験している自分たちだからこそ、生徒たちに伝えていけるものがあると考えています。私たち担任助手は“独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する”を念頭において、生徒がこの厳しい受験を乗り越えた先に待ち受けているさらに厳しい社会で勝ち抜いていくために、受験勉強を通して学力ではなく将来を見通した指導をしています。その指導があってこそ、初めて受験を終えた後に“成長”を体感できると考えています。一緒に頑張りましょう!
岩﨑 玲実 さん 明治大学 経営学部
國學院久我山高等学校 卒 バトミントン部 東進ハイスクール下北沢校 OG
岩﨑 玲実 さん 明治大学 経営学部
担任助手として一言
私は、受験とは自分を成長させてくれる大切なチャンスであると思っています。私自身、受験を通してたくさんのことを学びました。この経験は受験をしたからこそ得られたものであり、生涯忘れられないものとなりました。私が頑張れたのは、辛い時、悔しい時も担任助手の方々が、たくさん相談に乗ってくれたからです。次は私が、様々な目標を掲げて受験勉強に励むみなさんを全力でサポートします。合格するために一緒に頑張りましょう!

校舎イベント紹介

特別公開授業

特別公開授業

年に数回行われる特別公開授業では、普段t-PODでしか見られない有名講師が来校し、講義を行います。「時間がとても短く感じた」「明日も来てほしいぐらい」など、生徒からも大好評のイベントです。東進に入学していない皆さんでも参加できますので、当日は満員になり、生徒たちの勉強に対するモチベーションも上がっています。

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。

塾内合宿

塾内合宿

塾内合宿は、自分の限界に挑戦するとともに、その後も長い時間勉強をする習慣を身に付けることを目的に実施しています。合宿では受講や自習をするだけではなく、ディベートや音読会など、勉強に関係する様々なイベントを交えながら行っています。参加した生徒からは、「ライバルが見つかった」「イベントがとても楽しかった」という声や「長時間勉強した方が集中出来た」などの声があがっており、全学年で参加できる下北沢校の恒例イベントとなっています。

リーダーコース

リーダーコース

東進ハイスクール下北沢校では生徒が将来、社会(世界)に貢献する人財となるための指導を日々行っています。生徒が自ら求め、自ら考え、自ら行動出来るように、毎月1度リーダーコース生だけを集めて特別ホームルームを行っています。具体的な内容としては、世界のリーダーや日本のリーダーを知ることから始まり、利他の精神を持つことはどのようなことか、さらには、問題把握、問題解決能力を養うためのトレーニングも行います。リーダーになるためにはリーダーを経験すること、Leadership・Communication・Presentationという3つの能力を鍛えることを目的としています。受験勉強だけという狭い枠にとらわれることなく、未来のリーダーとなるための訓練の場、それがリーダーコースです。