【一橋合格者が語る】冬休み前の今勉強を始めるべき理由② | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2019年 10月 25日 【一橋合格者が語る】冬休み前の今勉強を始めるべき理由②

こんにちは!!一年生担任助手の野口です。

今回は自分の受験期の経験も織り交ぜながら

高校二年生の今、勉強をスタートすべき理由

について

書きたいと思います。

自分は高校2年生の夏に東進ハイスクールに入学しましたが

本格的に受験と向き合おうと思ったのは

高校2年生の冬のことでした。

なぜ、冬休み前の今、

勉強を始める必要があるのかという問いに対して、

積極的意義消極的意義の2つがあると考えました。

1つ目は、他の受験生に大きな差をつけるという意義です。

これは積極的意義です。

多くの受験生は夏休みや冬休みなどの長期休みをきっかけに

受験に本腰を入れることが多いのではないでしょうか。

つまり、長期休みには多くの受験生が

嫌でも受験勉強を始めるのです!

ならば!

冬休みまでまだ約二ヶ月以上ある今の時期に初めたほうが

圧倒的に有利ではないでしょうか。

次に消極的理由としては、

現在の実力以上の難関校合格を目指すにあたって

受験まであと約1年となるこの時期にはじめなければ

確実に間に合わないということがあげられます!

また、約三ヶ月後にはセンター試験同日模試があります!

受験まで一年間の節目の時点での自分の学力を試すことが出来ます!

また、同日模試の成績が

そのまま受験本番の成績に直結することも多いです!

高2生のみなさんは冬休み前の今

受験勉強に本腰を入れ、ライバルに差をつけましょう!