受験生の皆さんへ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2019年 2月 25日 受験生の皆さんへ

 


 

こんにちは、大河原です!

 

今日は国立大学前期入試の1日目でした。

 

3月に入るとほとんどの私立大学が入試を終え、合否発表も出揃ってきます。

 

 

正直、そろそろ疲れてきたのではないでしょうか。

 

毎日のように試験や合否発表があって緊張と集中を強いられるのはもちろんですが、

 

先に受かった友達が遊んでいたり、自分が不合格だった大学に合格した人の話を聞いてしまったり、

 

自分でも気づかないうちに追い詰められているかと思います。

 

 

しかし、国立入試はここからが本番です。

 

 

まず、試験が2日にわたる人は、

 

絶対に最後まであきらめないでください。

 

1日目失敗したとしても、2日目で挽回できるかもしれません。

 

本番は本当に何が起こるかわからないんです。

 

私は1年前の第一志望の入試のとき、

 

得意科目の国語で失敗し、苦手科目の日本史で点を稼ぎました。

 

もしかしたらみなさんも、苦手科目がうまくいくかもしれないし、

 

今勉強したらその内容が明日試験にでるかもしれないのです。

 

疲れたから、今更やってもどうせ変わらないからと思わないでください。

 

最後まで足掻いた人が勝ちます。

 

 

 

そして、国立後期受験を控えている人

 

あと2週間、つまり半月もあります。過去問対策は今からでも十分間に合います。

 

前期試験が終わった瞬間に対策を始めてください。

 

この時期は1日1日が長く、無性に勉強をやめたくなるかもしれませんが、

 

それに耐えた人だけが後期受験の高い倍率をくぐり抜けるのだと思います。

 

 

後悔しないように、今ある時間を大切にして、最後まで希望を持ってください!

 

応援しています。