受験生の受験直前勉強法! | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2019年 1月 15日 受験生の受験直前勉強法!

こんにちは、勝川です。

 

本日は受験生の方々を対象に、受験直前の勉強って何すればいいんだ!

という方へ考えるべきことを自分なりにまとめてみたいと思います。

あくまで個人の考えになりますが、ぜひ自分の勉強を今一度振り返ってほしいと思います。

 

①あくまでインプットをすることを忘れない。

知識を入れる動作→点数を出すための動作(単語・熟語覚えるとか)

演習をする動作→自分と志望校の差を測る動作(過去問演習とか、演習系)

だという風に私は考えています。

 

もちろん演習することが必ずしも点数を伸ばさないのか?

と言われれば全くそんなことはありません。

演習をすることによってでしか学べないもの

(文章を訳す技術があるのか、形式にあった解法が確立しているのかなど)

は必ずあります。

ですが、そういった目的意識を持たずに勉強をしている方の多くに

インプットが確立していないのに、演習ばかりやってしまう方もいらっしゃるので、

警鐘を鳴らす意味を込めて、お伝えしておきます。

 

②演習は自分と合格の差を測るもの。

①でいったこととほぼ同内容です。

「演習」と一重に言っても時期に応じて考えなければならないことは違います。

現在の時期に考えられる演習というものはおそらくこのようなことだと考えています。

故に、ただ闇雲にやらずその都度その都度志望校との差を測り、

今後何をすべきなのかを今まで以上により明確にしてほしいと思います。

 

③当たり前の反復徹底。

この時期は浮足立つことがかなり多くあると思います。

そういうときこそ、基礎基本の部分について確認をしてほしいと思います。

演習ばかりやっていると、やっている分野等に偏りが生じ、

科目全体を網羅できていないケースがあります。

そういったことにはならないようにお願い致します。

 

以上です。

現状で何をすべきかわからない場合は近くの担任や担任助手に聞いて下さい。

一緒に考えましょう!