直前期の体調管理法 | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2019年 1月 11日 直前期の体調管理法

 

こんにちは!

1年担任助手岩﨑です!

 

 

もうすぐ1月も半ばです。

このままあっという間に1月が終わって、

すぐ2年生になってしまいそうです~

時の流れは本当に早いです。

 

さて今日は、私流の体調管理法(直前期編)

について書きたいと思います。

 

私は自分でいうのも変なのですが、

本当に風邪などの病気に強いです!笑

 

ですが、受験生時代に、口があかなくなって

食べ物をほとんど食べれなくなったことがありました。

 

今考えれば笑い飛ばせるような話ですが、

受験期の私にとっては食べ物が食べれないという

致命的な被害をうけて本当に辛かったです…笑

 

原因は歯による炎症だったのですが、

ストレスも原因の一つだったのではないかなと勝手に思っています。笑

 

このように、気づいていても、いなくても、

受験生は必ずストレスを感じているものです。

 

ストレスを感じないための私流の健康管理法は、

 

①食べたいものを

食べたい時間に食べること

受験生時代、食に関してのストレスを感じたくなかったので、

好きなものを好きな時間に食べていました。

お母さんも私の嫌いなものをださないようにしていてくれたり、

塾が終わってからの夜ご飯は軽いものにしてくれたり、

家族のサポートがあってこそできたことだと思っています。

 

②遅くても24時には寝て、

早起きを心がけること

塾が21:45に閉館で、

だいたいギリギリまでいることが多かったので

帰ったらすぐ寝るようにしていました。

 

また、朝は早く起きて学校に行くことが多かったです。

この習慣のおかげで、

塾が昼にあいても朝はしっかり起きていました。

 

③何かひとつ楽しいことをすること

さすがに、スマホでゲームをする・まんがを読むなどは

セーブするべきだと思いますが、

きつくてつらい受験期こそ

何かひとつ一日の中で楽しみをつくってほしいです。

 

私の場合は、音楽を聴いて家に帰ることでした。

最寄りの駅から家まではさすがに勉強はできなかったので、

音楽を聴いていました。

好きな歌を4曲ほど聴けるのが

一日の楽しみになっていました。

 

私は主にこの3つのことをして、

なんとか受験期を乗り越えました!

人それぞれ方法があると思うので、

何らかの方法で元気に受験を乗り越えてほしいです。

 

風邪をひいてしまったらきっと自分の全力をだしきれません!

健康が第一です(^^)/