合格設計図作成会実施! | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2019年 9月 20日 合格設計図作成会実施!

こんにちは!

電気通信大学にかよう二年生担任助手、石関です!

「過去問進んでいますか!?」

今日はそのような話をしたいと思います。

受験生必読でもあり、

これから受験を考える人にとっても

ぜひ、読んでほしい内容です!

 

皆さんは、

東進の「志望校別単元ジャンル演習」

というものを知っていますか?

 

志望校の傾向一人一人の弱点をAIが分析して

学習の優先度順で演習問題を提供するものです。

 

これだけ読んでもピンとこないのではないでしょうか。

そこで、現在、

東進ハイスクール下北沢校では

「演習講座合格設計図作成会」

と題して説明会を開いています!

その内容を少し、紹介します!

東進ではたくさんの受験生のデータが蓄積されていて、

受講のテストや模試の成績、過去問演習の結果などが

ビックデータとして集められています。

また、同様に、一人一人の学習履歴も保存しています。

さらに、東進では「過去問データベース」を始め、

たくさんの大学の過去問も保管されています。

それらをもとに、苦手分野を探し、大学の過去問の傾向や配点などを考慮して、

時間効率を最大にして合格に近づくために、

この演習をやってみて!」

という提案を行っているのが、

「志望校別単元ジャンル演習」となっています。

 

苦手分野をAIが分析する際に、

過去問演習の結果を非常に大切にします。

過去問演習の結果がないと正確な診断ができなくなります。

なので、この演習講座をおこない、

より合格に近づくために過去問演習が大事!

ということで、冒頭の「過去問進んでいますか!?」というテーマが出てきます。

 

じつは、この演習は、石関が受験生のころにはありませんでした。

この演習講座があるいまの生徒が羨ましい!と思いながら説明会を行っています(笑)

それほどパワフルな演習講座なので、

受験生、しっかり活用してくださいね!

 

2年生以下の高校生のみなさんも、

早期に過去問を終わらせ、演習講座を始めるためにも

いまのうちからコツコツと受講とマスターを進めることを、

強くおすすめします!

受験勉強にフライングはありませんよ!