高2の夏何してた?【首都大合格体験記】 | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2019年 7月 26日 高2の夏何してた?【首都大合格体験記】

こんにちは。首都大2年の熊坂です。

今週末は台風が来るらしいですが、台風に負けず夏期合宿に下北沢校の生徒たちが行きました!

合宿の生徒に負けず校舎も盛り上がっていきます!!

 

 

今日は題名にもあるように合格体験記を書かせていただきます!

合格体験記と言っても合格してもう1年半くらい経ってしまいますが、

受験生の時を思い出して書いていきます。

 

私が首都大学東京に合格した理由は2つあります。

1つ目は

高3の夏、毎日朝登校閉館下校

センター過去問10年分×2周をやりきったこと

です!!

私が受験生の時、校舎が7時に開いていたのできちんと7時に校舎に行って、

閉館まで勉強しきったのは勉強時間という点で良かったと思います。

下北沢校で毎日15時間勉強と言われ、15時間に満たない日もありましたが、

やりきったため受験勉強におけるは確保できました。

また土台部分のセンター過去問も本試10年分やりきれたため、

模試で良い結果が出たり自分の力になりました。

 

2つ目は

高2の夏に受験勉強を始めようと決意したこと

です!

私がこの下北沢校に来たのは夏期特別招待講習でした。

受験勉強なんて冬くらいからで良いかなと思っていたのですが、

友達が通っているということでとりあえず見に行こうと思って、申込みました。

今思い返すと招待講習に行っといてよかったと思います。

担任助手の人と話して、自分が将来何をしたいを考えられ

受験勉強を始めなきゃいけないと決意できたので、

きっかけはどんなものでもとりあえず行くということにとても価値があったと思います。

正直、高2の夏に始めてなかったら間に合わなかったと思います。

首都大だけでなくどこの大学にも合格していなかったかもしれないです。

かもではなく合格していなかったです。

そのくらいこの夏は大事で、早く始めてほしいと思います。

大学受験は毎年難化傾向にあります、周りが動き始めてからでは遅いです。

周りと一緒ではなく自分自身がどうしたいか、

絶対に合格したいなら早く初めて周りとどんどん差をつけるべきです。

 

本当は上の2つだけではなくたくさんありますが、皆さんに伝えたいこととして書かせていただきました。

必ず合格を掴むためにも今何をしなくてはならないか、この夏に考えてみて下さい!!

 

 

下北沢校では夏期特別招待講習1コマ体験受講を実施しております。

どちらも電話や下記のバナーからお申し込み可能ですのでお申し込みお待ちしております。

 

↓1コマ体験のお申し込みも受付中です