高校1年生のときにすべきこと~東工大編~ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2019年 9月 13日 高校1年生のときにすべきこと~東工大編~

こんにちは!

東京工業大学3年の秋山です!

 

最近はインドネシアに超短期留学に行ってきたのですが

すっかり味を占めて

来年の春はヨーロッパアメリカ

行きたいなと考えています。

 

もちろん、勉強のためですよ?

(ヨーロッパに行ったら、サッカーを見られる

アメリカならスニーカを買えるなんて思っていません)

 

さて、本日は高校1年生のときに

何をやっていればよいかというお話をしたいと思います。

 

まず皆さんは

現在の受験状況をご存知でしょうか?

去年、東工大の情報理工学院は9.8倍となり

ほんの少し話題となりました。

※他の学院はここまでは高くなく3~5.5倍ほどです。

 

つまり、皆さんが東工大に受かろうと思ったら

4,5人に1人に食い込まなければいけないということです。

 

また、東工大では一次試験(大学共通テスト)は

足切りにのみ使用し、二次試験で合否を判断します。

配点と時間は

数学 300点(180分)

英語150点(90分)

物理150点(90分)

化学150点(90分)

 

つまり「応用問題を解き切る力」が必要となります。

 

ここまでの話を総合すると

周囲の受験生を圧倒する応用力があれば良い

ということになります。

 

では、高校1年生時には何をすればよいかということですが

圧倒的な基礎力を身に着けてほしいです。

 

え、さっきと言っていること逆じゃんと思われたかもしれませんが

応用力は基礎力の上に成り立っています。

 

基礎が不安定では

応用問題も解けるようにはなりません。

 

ですので自分から皆さんにやってほしいことは2つ

①学校で習った範囲、分野は完璧にする。

②学校のスピードよりも早く予習を進める。

 

以上の2つができていれば

十分だと思うので、是非実践してみてください!

 

また東工大では

10月13、14日に工大祭があります。

ぜひ興味ある方はいらしてください!