来週はセンター模試!! | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2018年 8月 19日 来週はセンター模試!!

こんにちは!

担任助手一年、石関です!!

 

ここ数日、

いっきに過ごしやすい気温と風になって、

夏バテ気味のひとも

シャキッとしているのではないかと思います!

僕も昨日、

甘酒(夏の季語らしいです!)を手作りし、

これからぶり返す暑さに対策しました!

 

さて、本題です!

偶数月の下旬の日曜日と言えば、

センター試験本番レベル模試

があります!

 

 
 

 

なんと来週はその日です!!

受付にいても、

時の経つのが早いという声

聞こえてきますが

無情にも模試の日は迫ってきます。

 

特に、

8月に行われる模試は東進生にとっては

二つの大きな意味を持ちます。

 

一つ目は

夏休みの勉強の成果

確認すること。

東進生は夏休みの勉強時間をつかって

センター試験の対策を行います。

八月末に行われていて、

かつ、

センター試験本番レベルの問題

扱うことになるので

夏休みの成果をそのまま試す事となります!!

 

もう一つは

基礎基本の「あしもと」

確認です。

センター試験は

教科書の内容が頭に入っていて、

その理解まで進んでいないと

高得点を出すことが難しい問題が揃っています。

つまり、

「8月のセンター試験本番レベル模試で

高得点を出す」ということは

言いかえると「基礎基本の理解を

8月までに終わらせる」ということとなります。

基礎基本がおろそかのまま

二次、私大対策に乗り出すのは

得策ではありません。

 

ではあと一週間で何をすればいいのかというと、

See Plan Do

に尽きると言えます。

 

下北沢校では先週にプレ模試が行われ、

8月上旬での力量を実感してもらいました。

(See)あれから一週間、

その結果を分析しましたか?

(Plan)その分析を踏まえて

今週の学習予定を決めましたか?

(Do)その学習予定は

完全に実行できましたか?

(See)実際にやってみて、

その予定に改善の余地はありましたか?

(Plan)改善の余地を取り入れた

勉強の計画を立てましたか?

 

上の問にどこまで「やった」と言えますか。

とりあえず一周するまでの

時間はありました。

そしてすでに一周したひとは

次の周に入り始めています。

 

さらに、

一週間ではなく

一日単位で振り返りを行う人は

7周しています。

 

どこまでSee Plan Do細かく精度よく実行できるかが

同じ時間で勉強している人同士の

点数の違いになります。

 

特に

東進生は模試や学力POSで

多くの情報に触れることが出来ます。

それはすなわち

Seeの材料が多いと言えます。

つまり、

東進生こそSee Plan Do

差が生まれやすいことを意味します。

 

 

残り一週間、

自分に必要な勉強を見極め、

最大の時間効率で勉強しましょう!!

 

そして模試のあとも成績帳票を見ながら

See Plan Doですよ!!