早期スタートの大切さ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2018年 12月 12日 早期スタートの大切さ


 

こんにちは!

 

久しぶりにブログを書きます!

来年以降の専攻を、哲学科倫理学にするか国文学科にするか迷っている大河原です!

 

私の通う慶應義塾大学文学部では、二年生から専攻別に分かれるので

どこを志望するのかそろそろ決めなくてはならないのですが、

どの専攻もとても魅力的で悩んでしまいます…(笑)

 

 

さて、今日は、受験勉強を早く始めることの意味について書きたいと思います。

 

まず最初に言っておきますが、受験勉強は絶対に早く始めたほうが良いです。

 

それは、基礎が固まるまでに時間がかかるからです!!

 

高校三年生の一年間がんばって何とかなるほど、

受験は甘くありません。

 

私でいえば、高校二年生から受験勉強を始め、

センター英語を7割までもっていくのに1年かかりました。

もっとかかる人もいます。

 

さらに、国立志望で私大を併願するとなると、

多い人だと5教科8、9科目ほど勉強しなくてはなりません。

 

部活をやっているならば、放課後や長期休みに勉強にあてられる時間も多くはないでしょう。

 

また、勉強する習慣というのは、受験生になったら突然つくというものでもありません。

受験生になってから勉強量を確保するためにも、

今のうちから長時間の勉強に慣れる必要があります。

 

受験勉強を始めるのに早すぎるということはありません!

今のうちからがんばりましょう!