一日一日を無駄にしない | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2018年 9月 17日 一日一日を無駄にしない

こんにちは、担任助手2年の松尾です!

 

突然ですが、みなさんは、1日が終わった時に

「今日の自分は頑張った」と胸を張って

言い切れるくらい毎日頑張れていますか?

一日を勉強に使える日があったら、何となく一日を過ごして、

気が付いたら一日終わっていた、なんてことはないですか?

 

9月で学校の行事も忙しくなってきている頃かと思いますが、

今日は、日頃の時間意識についてお話したいと思います。

 

今日でセンター試験まであと124日となりました。見方を変えると、

あと12回日曜日が来たらセンター当日です!!

高3生の方はセンター本番まで、高0,1,2生の方は、同日体験受験までの残り日数になります。

124日と聞くとなかなか実感が湧きづらい人もいるかと思いますが、

何も意識せず過ごしているとあっという間に当日を迎えてしまいます。

 

みなさんは普段どのくらい時間を意識して勉強できているでしょうか?

 

私が受験生だったときに、印象に残っていることがあるので紹介したいと思います。

それは、

「1日1日を妥協せずに頑張って、その頑張りを

受験最後まで続けられた人が合格することが出来る」ということです。

 

これは、渡辺勝彦先生という英語の先生が特別公開授業にいらっしゃったときに仰っていたことです。

大学生の私が言ってもあまり説得力はないかと思いますが、

何人もの生徒を見て、合格に導いてきた渡辺先生だからこそ、

当時の私にとっては心に響くものがありました。

 

わりと当たり前のように聞こえますが、時間を意識して勉強できるかできないかは、

かなり大切なことだと受験を終えてみて実感しました。

 

時間ごとに区切って細かく予定を管理する人もいれば、

逆にそれだと集中力が続かない人もいると思います。

 

残された時間を有効に使うためにも、1日1日を無駄にしないよう、

常に時間への意識を持って勉強していきましょう!