センター試験出陣式 | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2019年 1月 13日 センター試験出陣式


こんにちは、担任助手2年の松尾です!

 

今日で、センター試験まであと6日となりました。

センター試験の直前期対策や勉強法、過ごし方については過去のブログで更新しているので、

そちらを参照頂ければと思います。

 

さて、本日下北沢校では、センター試験前出陣式が行われました。

当日の注意点や過ごし方についての共有、社員・担任助手からの激励を行ったのですが、

残念ながら参加できなかった受験生、

また、同日体験受験を受ける新高1~新高3生の方にもためになる内容なので、

一部内容をご紹介します!

 

出陣式では、

センター試験本番と模試の違いや、担任助手の失敗談、メッセージなどをお伝えしました。

センター試験と模試の違いはいくつかありますが、

その中でも大きな違いになってくるのが、休憩時間が長いことです。

普段の模試での休憩時間は10分前後ですが、当日は30分以上の時間があります。

 

トイレに行って少し単語帳やノートを見直していればあっという間に10分は過ぎますが、

本番はもっと時間があくため、

何も意識していないと時間を持て余してしまう可能性があります。

 

当日はつい解き終わった試験のことを気にしてしまいがちですが、

絶対に答え合わせはせず、終わった科目のことはすぐに忘れて次に切り替え、

次の試験の勉強に移るようこころがけましょう

せっかく数十分あれば、その間に1問でも多くの問題に正解できるような努力はできます。

私自身も、本番直前に見直していた日本史の範囲がそのまま問題に出てきたことがありました。

 

何より、まだ6日間あります

問題1つ1つに向き合い、自己最高得点を取ってきてください!

校舎でスタッフ一同応援しています!