センター英語の勉強法~大河原編~ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2018年 8月 14日 センター英語の勉強法~大河原編~

 

 

 

こんにちは、担任助手1年の大河原です!

 

 

私事ながら、先日、ミュージカルを観てきました!

レ・ミゼラブルで有名なフランス文学の巨匠、ヴィクトル・ユーゴーが原作の、

「ノートルダムの鐘」です!

ストーリーも重厚で、迫力満点でした!

 

文学部って文学を学ぶの?という質問をよく受けますが、

文学部では映画や演劇、音楽学の研究をすることもできます。

もちろんミュージカルも例外ではありませんよ!

 

 

さて、今日は、私なりのセンター英語の勉強法を紹介しようと思います!

 

まずはじめに、受ける際の時間配分ですが、私は、

 

大問1と2を合わせて15分、3から6もそれぞれ15分

で解いていました。

 

そうすると5分余るので、しっかり見直すことができます!

 

 

また、多くの人が苦手としている、

大問3の不要な文を選ぶ問題に関しては、

まず話題は何か

どういった流れで話が進んでいるか

に注目するといいですよ!

 

 

センター試験は、大問5の日記問題や大問4の広告問題など、

特有の問題がでます。

 

英語自体は得意でも、センターの対策をしていないと

高得点は望めません。

模試まで残り2週間、独特の形式に慣れておきましょう!!