LAST MESSAGE~松下~ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2015年 5月 17日 LAST MESSAGE~松下~

みなさん、こんにちは

 

下北沢校担任助手の松下です。

タイトルの通り、ラストメッセージをみなさんにお伝えしたいと思います。

本日実施したプレゼンを聞いてくれた方は、このブログを見てまた内容を思い出して下さい!

 

~ラストメッセージ(プレゼン内容)~

 【高校生に伝えたい3つの事】

①原動力は自分の心で作る

 高校生の皆さんは、自分の志望校について考えた事はあるでしょう

 その際、志望校にした大学には自分が魅力に感じた理由があるはずです。

 そういった、自分で求め、考える事がとても大事であり

 自分で持っている考えこそがその人の最大の個性だと私は思います。

 

 もう皆さんは、高校生。あと数年後には20歳にもなるわけですから

 やらされる勉強でなく、自分で考える事を軸に頑張ってください!

 

②努力にこそ価値がある

 

 ”努力すれば結果は出る”

 よく言われる言葉ではあると思います。

 しかしそれは少し違うと思います。

  ”正しい場所で、正しい方向で十分な量の努力は裏切らない”

 この言葉は、東進の人気講師でもある林修先生が仰っていた言葉です。

 

  私自身、受験勉強は人一番頑張りました。しかし、受験結果は良くなかったです。

  そう、正しい努力ではなかったのです。

  

  ①での話と関連しますが、自分が求める結果を考え抜いたら

  すぐさま、正しい努力を始めて下さい!

  自分が手に入れたい結果があるならば、正しい努力をしない事には何の成果も得る事はできません。

 

  さあ、この瞬間から自分の目指す結果に向かって努力を開始しましょう!

  

③世界は広い!

 ”世界”という言葉を聞くと皆さんは何を想像しますか?

 きっと外国の事だと思う人が多いでしょう。

 私としては、皆さんに”世界”という言葉を社会と捉えて欲しいと思っています。

 

 何が言いたいかと言うと、自分達と違う環境にいる人は大勢存在する事。

 違う環境であっても同世代の高校生は自分の目標に向かって努力しているという事。

 

 何より

  世界(社会)は知らない事で満ちている!

  という事実を知る事。 

  

  そして、知らない事や新たな変化に対して恐れずに挑戦する気持ちを持ち続けてください!

 

私は、今日5/17(日)をもって下北沢校を卒業します。

生徒時代を含め、4年間以上いた校舎を離れるのはとても名残惜しいですが

プレゼンでもお伝えしたように皆さんの今後の活躍を期待しています。

最後に、私はここ下北沢校で生徒を指導すると共に

生徒の成長から学び、自分自身が成長させられていたようにも思えます。

生徒の皆さん、保護者の方々、校舎スタッフの皆さん

今まで本当にありがとうございました!

 

 

以上

 

下北沢校 担任助手 松下祐貴