7月 | 2019 | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ 2019年07月の記事一覧

2019年 7月 27日 高2の夏何してた?【一橋合格体験記】

こんにちは!

一橋大学社会学部

1年の野口です!!

自分の第一志望校に合格するために何が必要なのか

について自分の体験談をもとに書きたいと思います。

 

高2の夏は部活動に所属し、

あまり勉強時間をしっかりとれていなかった自分は

東進ハイスクールの夏期特別招待講習に申込み、

そして通い始めました。

 

当時は志望校についてあまり具体的なビジョンはなく、

とりあえずどこかの国立大学ということしか

決まっていなかったので

この時期は様々な大学に対応することができるように

基礎学力をつけることに専念しました。

 

東進ハイスクールの夏期特別招待講習では

各々のレベルにあわせた授業を選択できるので

自分にピッタリでした!

受験は長期戦です。

高校2年生の今の時期に身につけた基礎力や受験の知識

高3の受験生になってから活きてきます。

今の時期から受験に必要な力を身につけるために

コツコツ頑張っていきましょう!

東進生は受講やマスターを

少しづつでも進めていきましょう。

 

他の人も、単語帳などを始めとする

インプットに時間を割きましょう!

高3になってからあの時やっておけばと

後悔することが無いように

今から少しずつでもすすめていきましょう!

とにかく基礎学力をつけることに専念し、

いまやるべきことを明確化して実りある夏にしましょう。

 

↓1コマ体験のお申し込みも受付中です

2019年 7月 26日 高2の夏何してた?【首都大合格体験記】

こんにちは。首都大2年の熊坂です。

今週末は台風が来るらしいですが、台風に負けず夏期合宿に下北沢校の生徒たちが行きました!

合宿の生徒に負けず校舎も盛り上がっていきます!!

 

 

今日は題名にもあるように合格体験記を書かせていただきます!

合格体験記と言っても合格してもう1年半くらい経ってしまいますが、

受験生の時を思い出して書いていきます。

 

私が首都大学東京に合格した理由は2つあります。

1つ目は

高3の夏、毎日朝登校閉館下校

センター過去問10年分×2周をやりきったこと

です!!

私が受験生の時、校舎が7時に開いていたのできちんと7時に校舎に行って、

閉館まで勉強しきったのは勉強時間という点で良かったと思います。

下北沢校で毎日15時間勉強と言われ、15時間に満たない日もありましたが、

やりきったため受験勉強におけるは確保できました。

また土台部分のセンター過去問も本試10年分やりきれたため、

模試で良い結果が出たり自分の力になりました。

 

2つ目は

高2の夏に受験勉強を始めようと決意したこと

です!

私がこの下北沢校に来たのは夏期特別招待講習でした。

受験勉強なんて冬くらいからで良いかなと思っていたのですが、

友達が通っているということでとりあえず見に行こうと思って、申込みました。

今思い返すと招待講習に行っといてよかったと思います。

担任助手の人と話して、自分が将来何をしたいを考えられ

受験勉強を始めなきゃいけないと決意できたので、

きっかけはどんなものでもとりあえず行くということにとても価値があったと思います。

正直、高2の夏に始めてなかったら間に合わなかったと思います。

首都大だけでなくどこの大学にも合格していなかったかもしれないです。

かもではなく合格していなかったです。

そのくらいこの夏は大事で、早く始めてほしいと思います。

大学受験は毎年難化傾向にあります、周りが動き始めてからでは遅いです。

周りと一緒ではなく自分自身がどうしたいか、

絶対に合格したいなら早く初めて周りとどんどん差をつけるべきです。

 

本当は上の2つだけではなくたくさんありますが、皆さんに伝えたいこととして書かせていただきました。

必ず合格を掴むためにも今何をしなくてはならないか、この夏に考えてみて下さい!!

 

 

下北沢校では夏期特別招待講習1コマ体験受講を実施しております。

どちらも電話や下記のバナーからお申し込み可能ですのでお申し込みお待ちしております。

 

↓1コマ体験のお申し込みも受付中です

2019年 7月 25日 夏期合宿1期の生徒が帰ってきてくれました!!

 

こんにちは

東進ハイスクール下北沢校の秋山です。

本日は東進の夏合宿の1期の生徒が

帰ってきてくれました!!

 

 

 

東進の夏合宿は

毎日十五時間以上勉強をする

なんともエキサイティングな

合宿になっているので

 

皆、

どことなく頼もしい表情になっていました!!

 

しかし、

鬼のように勉强して

疲労困憊の

生徒の口から出てくる言葉は

「明日から頑張らなければいけない」

でした。

 

そもそも

一日十五時間以上勉强したら

すぐ家に帰って丸一日寝ていたくなる気もしますが

今日合宿から帰ってきた生徒は

明日、朝登校をすることを誓ってくれました。

 

今、下北沢校に通っている生徒で

朝登校できていない人

一日十五時間で来ていない人

ぜひ明日どう過ごすか改めて考えてみて下さい!

 

受験直前期は

時間が欲しくても足りないのが現実です

 

合宿に行っていない生徒は

合宿に行った生徒はすごく強くなっているので

彼らに勝る勢いで

日々の勉強に取り組んでみて下さい!

 

↓1コマ体験のお申し込みも受付中です

 

2019年 7月 24日 招待講習で出来ることって一体?(確認テスト・修了判定テスト編)

こんにちは!

電気通信大学にかよう二年生担任助手石関です!

7月も残すところ一週間ですね!

受験生は夏休みに1日15時間の勉強を行うので、

受験生にとっては七月の勉強時間ものこり100時間ほどといったところですね。

 

そんな七月末、

夏期特別招待講習

申し込みが終わるもあと一週間となります!

招待講習では東進での勉強の流れを体験できるので、

・東進についてよくわからない

予備校を探しているけど、自分に合った予備校というものがピンと来ない

だけでなく、

大学受験についてあまり詳しくしらない

志望校ってどうやって決めるのか

など、受験に関する様々なことを知るために、

活用してみてください!!

 

 

かくいう石関は、

招待講習がきっかけで東進が自分に合うと知り、

「ここで受験にむけて勉強をしよう!」

と決意したというところであります。(笑)

 

そんな自分が気にしたのは、

「映像授業が使いやすいかどうか」

という点でした。

学校では周りの人がいて、先生がいて授業に集中できるけど、

「1人でパソコンの前に座ってる状態で集中できるのか」

が一番知りたかったところです。

 

当時高校生だった石関は

招待講習で体験してみて、

「集中できる!」と結論付けました!!

映像授業が終わった後に、確認テストと呼ばれる授業の理解度を測るテストがあって、

そこで高い判定を得ることが楽しく、ゲーム性があることで

授業に集中し、

しっかりと復習してからテストに臨もうと

思うことが出来ました!

 

また、講座の最後には修了判定テストというものがあり、

講座の総まとめのテストがあり、

これはいわゆる「確認テストのボス」のようなもので、

これも自分にとっては燃える展開であり、

満点が取れるまで復習して、

「全クリ」を目指そうと奮闘していました(笑)

そうやってこだわって復習と演習を繰り返すうちに、

苦手だった物理も5コマの授業が終わるころには理解が進み、

東進に入学して本格的に勉強する頃には得意科目になりました!

 

そして、入学後もこだわって確認テストや修了判定テストと向き合い、

全てを最高判定(SS判定)にすることで

基礎力を完璧なものにし、

その後も無事に過去問演習が進み、第一志望に合格することが出来ました!!

 

あくまで、「自分はこう思った!」というところなので、

同じような考え方の人もいるかもしれませんが、

東進にきて

一度体験してみてください!

 

 

この記事を読んで少しでも興味が出た人は、

↓下のバナーをクリックするか、

0120-104-672まで、お電話をください!

 

↓1コマ体験のお申し込みも受付中です

2019年 7月 22日 過去問演習講座進んでいますか?①

こんにちは!勝川です。

 

最近熱中症にかかりました。

近頃ムシムシするような湿度の高さが目立ちます。

受験生は特に今の時期体調を崩しやすいです。

校舎に薄い上着を一枚持ってくるなど体調管理には気をつけてください。

 

本日ですが、皆さん過去問演習講座は進んでいるでしょうか?

東進にはセンターの過去問演習講座

二次・私大過去問演習講座の2つがあると思います。

中でも今の時期特に大切だと考えるのが

センター試験の過去問演習です。

 

「なんで今の時期センター?」

という疑問をよく聴きます。

センター試験とは基礎問題の集合体のようなものです。

つまり、基本的に落としてはいけない問題が

並んでいるはずです。

仮にそれがわからない・点数が取れないということは

今後、志望校の問題をいかに解こうと

点数が出ないことを意味します。

 

また自分が何が出来ているのか

出来ていないのかを知るためにも有効です。

「文法ができるようになった!」と言っても、

英語の文法問題で点数が出ないならば

それは出来ていないですよね?

つまり自分の現状を客観的に分析するツールとしても有効なのです。

 

果たして皆さんは8月センター試験本番レベル模試で

目標点を突破できますか?

今自分の弱点を知るために

自分が何が出来るか知るために

是非、もっと活用してみて下さい!

 

ちなみに、去年凄い逆転合格をしていた生徒は

約1300回分の演習をしていましたよ・・・笑

下北生も頑張れ!