直前期の過ごし方 | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2018年 1月 29日 直前期の過ごし方

 

こんにちは!担任助手の岸です。

本日は「刑事訴訟法」「債権総論」のテストと戦ってきました!正直倒せたかどうかは分かりませんが、、、。

(大学は単位制なので、テストで一定以上の点が取れないと、「再履修」となり、来年も同じ授業を受けなければいけないのです…)

 

明日は語学のテストがあるのですが、、、皆さんテスト前日って何をしようか迷ってしまいませんか?

特に受験生のみなさんは、試験本番を直前に控え、迷いや不安が尽きないかもしれません。

「試験前日って、何を勉強したらいいんですか?」「直前期の勉強法が分かりませーん!」

という声が受付でもちらほら聞こえてきます。

 

そんなみなさんに一つ言うとすれば、

直前期こそ、当たり前のことを当たり前にこなすことが大事だいうことです

 

これは

①学力を確固たるものにする

②平常心を保つ

 

という2つの側面からオススメできます。

①学力を確固たるものにする

毎日やっている基本動作(単語だったり、音読だったり、毎日のコラムだったり、過去問演習だったり)をしっかり着実にこなしていれば、知らず知らずのうちに実力はついてくるものです。

焦って難しい問題や新しい知識ばかりを求めても、さらなる焦りを呼ぶだけですし、焦った中でやった問題は身につきませんよね。

落ち着いて基本に立ち返り、今まで取り組んできたことを疎かにしないことが大切です。

②平常心を保つ

スポーツ選手が試合前に「ルーティーン」としておなじいつも行動をしていることからも分かるように、

勝負の場では自分のリズムをつくることが大切です。

「普段からやるべきことに取り組み、万全の準備をしていれば、運が巡ってきたときにつかむことができる」

サッカー日本代表の長谷部誠選手が自身の著書、「心を整える。」の中で言っていた言葉でもこのようなことを言っています。

 

「焦ったら、当たり前を見直す」実践してみてください!

過去の記事