英語の勉強って何すればいいの? | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2020年 2月 22日 英語の勉強って何すればいいの?

今回は英語の勉強について

お話をします。

 

①単語・熟語は暗記/文法は理解する

②長文読解を定期的に行う

 

①単語・熟語は暗記/文法は理解する

長文を読む上で必要な要素が

単語・熟語・文法です。

 

気をつけてほしいのが

①の内容です。

特に文法の理解。

 

結論を言うと、長文を読めなければ点数が出ない

認識を持ってほしいということです。

来年度からの共通テスト試験が始まりますが、

それによって問題形式も内容も変わります。

その大きな特徴として「文法問題が消えた」ことが挙げられます。

 

つまり、文法に関して従来通り、どのような場合に使われるのかを

認識しておく必要があり、加えて訳せることの重要性が上がっています。

 

自分が持っている文法のテキストや参考書では、

穴埋め形式の問題にどういう言葉が入るかを考えるだけでなく、

どう訳すのかを考えていただけると良いと思います。

 

②長文読解を定期的に行う

 

Ⅰ:単語・熟語・文法が入っているかの確認

Ⅱ:読解力の向上

 

受験英語の得点の大半は長文読解が握っています。

つまり、長文読解で点数が取れなければ受からないです。

そのため、それに準ずる勉強をしておくことは大切です。

 

Ⅰ:単語・熟語・文法が入っているかの確認

結局長文中の単語や熟語を読めなければならないわけです。

つまり、今後の単語・熟語・文法の学習の質をあげるために、

演習を行うことは大切です。

 

Ⅱ:読解力の向上

長文読解には、大問があり、選択肢があると思います。

選択肢の根拠がどこにあるのかなど、

それら長文読解をやることでしか得られないものがあります。

つまり、それらは今後点数を出す上で必要なことだと思います。

 

あくまで上記は参考程度ですが、

自分で考えて勉強をするということが

大切なのは間違いないので、

自分の中で点数を上げるために

何をすべきなのかを

ぜひ考えていただければ

良いと思います。

 

↓↓お申し込みは以下のバナーから!↓↓