福井からの最後の言葉 | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2015年 4月 25日 福井からの最後の言葉

こんにちは、4月29日付でこの東進ハイスクール下北沢校を去る福井です。

おそらくこれが担任助手として最後のブログとなるでしょう。

感慨深いです。

最後のブログということで僭越ながら自分語りをさせてもらいましょう。

全3部作となっております。忙しい東進生の方は是非2部からお読みください。

[第1部]

福井が東進ハイスクールに入学したのは高校1年生の8月のことでした。

当時様々な塾を渡り歩いていた私は主に二つの点でこの東進に入ることにしました。

まず一つ目は自習スペースが多く広々としたブースで自習や受講が出来るということでした。

東進だけしか体験せずに東進に入った皆さんにはわからないかもしれませんが、他の大手予備校の自習室はまさに席取り戦争でたとえ自習室に行ったとしても自習できるとは限らないんです。

また、仮に座れたとしても隣の受験生が難しい参考書(ほぼほぼ使っていないやつ)を自分のスペースいっぱいに広げていて物理的にも精神的にも肩身がせまい思いをする場合が多いです(笑)

驚きですね、自分も初めて自習室を使おうとしたときは衝撃を受けましたね。

それなので、自習室が区切られていて自習したいと思った時に自習ができるという点が私が東進を選んだ第一の理由でした。

東進で自習している皆さんはその、他の予備校に比べて自習室が恵まれている言うことを十二分に理解して、勉学に励んでほしいと思います。

さて、もう一つの理由は授業がパソコンで受けられるということでした。

お恥ずかしい話、他の予備校の生徒時代は先生の板書が早すぎて写している間に先生が喋っている内容を聞き逃したり、部活で疲れて授業中に寝落ちをしてしまったり、周りの目が怖くて質問ができなかったりして授業についていけなくなるということが多々ありました。

同じ経験をしたことがある人は割と多いのではないでしょうか。

しかし東進は、受講中に授業をstopできるので一旦授業を止め、板書を書き写した後に授業を再開するということや、寝てしまった場合や質問が出てきた場合でも授業を何回でも受けられるので、きちんと理解できるまで受講できわからない部分がきちんと理解できるということが魅力的でした。

この二つの理由から自分は東進に入りました。

文章が長いですね。笑

さすがに4年近く関わってくるとこのくらい愛情があふれ出てしまうのでそこは許してください(笑)

[第2部]

さて、こうして東進に入って中西さんや長谷川さんや玄太さんやはるかさん、そして大恩師松下さんに指導され、森本担任助手小川担任助手などの多種多様な同期と競い合い、励まし合いながらこの東進ハイスクール下北沢校で勉学に励み、その結果無事慶應義塾大学理工学部に合格することができました!

一応東大が第一志望だったのですが、夏の時点で早慶がD判定だった自分が余裕をもって早慶に合格することができたのは自分の力だけではなかったと思います。

いつも支えてくれた両親、東進の担任の方々、高校の担任や同学年、東進の同期など様々な人々の協力によって合格を勝ち取れたと思っています。

それなので皆さんもなるべく東進の同期と仲良くして切磋琢磨して勉学にいそしんでほしいと思います。

さて、それでは最終章。

[最終章]

入学合格ときたらあとは大学生活ですね。

改めて言いますとこの度わたくし福井は4月29日をもちまして東進を卒業いたします。

自分としては大学と東進の比率など様々な事を天秤にかけ、良く悩み、出した結論です。

東進下北沢校の全生徒、特に僕のグループミーティングに所属している生徒にはとても申し訳ないと思っています。

君たちのことは本当に受験まで指導し続けていきたかったですし、君たちが第一志望校に合格して喜んでいる姿をこの目で見たかったです。

それなので、僕がこの東進ハイスクール下北沢校からいなくなったとしても今以上に勉学に励み願わくば僕の大学あるいはそれ以上の大学に受かって僕に報告してほしいです!

君たちが思っている以上に、本気を出せば成績は上がります。

自分の今の成績がこれだから自分はここしか目指せないという考えは捨ててください。

君たちが受験まで本気でやればどの大学にでも受かるはずなんです!

ただし、本気でやればの話。

今の自分はまだ本気でやっていないと言う人。

早く本気をだしてください。

自分は今もう全力でやってるよ!という人。

まだまだできます!

登下校の時間、お風呂に入っている間、ご飯を食べている間、それらの自分で考えられうる無駄な時間を全て切り詰めて切り詰めて切り詰めて切り詰めて初めて全力でやった言えるのです!

そのような周りが勉強していない時間の積み重ねが難関大逆転合格を生み出すんです!!!

是非本気本気本気

人生で一番頑張ったと思えるような受験生活にしてください!

そしてその先には皆さんが想像している十倍楽しい大学生活が待っているはずです!

自分が一番好きな大学で好きな授業を好きなだけ勉強しているだけで卒業できる。

そんな夢みたいなキャンパスライフまであと一歩です。

僕は今とても大学生活を楽しんでいます。

全力で受験勉強をしたのでなんだかんだ言って第一志望校ではなかった慶應をとても気に入っています。

是非そんな大学生活を皆さんにも歩んでほしいです。

今君たちに残せるとしたらこんなところですかね。

僕がこの激動の4年間で得た経験の8割くらいはここに書いたと思います。

残り2割は皆さんとのさりげない日常の雑談に隠されています。

それでは、またどこかでお会いしましょう。

Good bye!