理科の勉強法②~平田ver.~ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2016年 2月 3日 理科の勉強法②~平田ver.~

こんにちは

一般受験が本格的に始まってきましたね。
 
 
頑張れ受験生!!
 
 
 
一方、先日、都内のインフルエンザ流行も注意報レベルになり、大きな流行へ拡大する可能性があるようですね…
インフルエンザを発症した生徒も何人か確認されています。
 
この時期、インフルエンザウイルス、ノロウイルスなどに感染しないよう、校舎全体として予防意識を持ってください!!
 
 
人事ではありませんよ!!
 
 
 
周りから感染しないように、自分が感染源にならないように、まずは
 
 
手洗い+うがい+手指消毒+マスク
 
 
から始めましょう(^-^)
これらを徹底するだけで、感染の可能性はかなり下がりますよ。
 
 
さて、前置きが長くなりましたが…
本日は題名通り、理科、特に生物の勉強法についてお話します。
 
 
生物≒暗記
 
 
です。
 
(物理≒演習、化学=暗記+演習ですが。)
その暗記の仕方が重要ですよ!!
 
 
 
問題集は後で。
まずは暗記の徹底です。
 
 
前提として、図説は覚えない。
 
覚えるのは教科書です。
 
 
 
 
①最初に大まかに全体像を掴みます。
 
その分野において、軸となる大事な用語の定義を正確に覚え、具体的などは最初は1-2コ覚えましょう。
最初は太字の単語から。
最初は、その分野に下手に固執はせず、一通り教科書を終わらせましょう。
流れや重要なポイントを掴み、軸を作ることが優先です。
 
 
 
 
何度も繰り返し、教科書を覚えていきます。
 
全ての範囲を一通り終えると、分野ごとの繋がりも見えてくると思います。
最初に覚えたポイントの軸を中心に、徐々に詳細を詰め具体例の数も増やしていきます。
 
 
ポイントその1!!
「なぜ、こうなのか」を考えるようにすること。
ある程度、原理や理由は必ずあります。
その原理や理由と絡めて覚えていくと忘れにくいですよ!!
 
ポイントその2!!
教科書でチャートになっているところは、試験でも問われやすいところです。
最初は軸を、最終的には丸ごと覚えます。
覚えられないチャートはコピーし、机の前やお手洗いのドアなど…あらゆるところに貼って見る回数を増やしていました。
 
ポイントその3!!
図が出ているものは何度も絵を描いて覚えていきましょう。
意外と細部まで正確に覚えていないものですよ。
書いているうちに、誤って覚えていたことが発覚することもあります。
ゾウリムシの絵は描けますか!?
カエルの発生過程は描けますか!?
 
ポイントその4!!
教科書の索引から単語チェックをしましょう。
瞬時に正確に定義を言えますか!?
 
 
最後に…
今まで生物の勉強法をお伝えしてきましたが、生物選択者は数学が弱い人がとても多いです。
 
今の時期は第一に数学の強化に努めましょう♪