激励の言葉~鈴木編~ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2015年 1月 16日 激励の言葉~鈴木編~

昨日は冷たい雨が降っていましたが、今日は皆さんを激励するかのような温かい日ですね。

こんにちは。鈴木です。

いよいよ、センター試験が明日に迫ってきました。

今日は私から、皆さんへ激励の言葉を贈ります。

 

 

「慌てず、焦らず、諦めず」

 

 

私自身の受験の時に、父から贈ってもらった言葉です。

 

そして母からは、

「なんとかなるから、とりあえず、鏡の前でにっこり笑って、力を抜いて行っておいで」

と送り出してもらいました。

 

私は、この両親の言葉に支えられ、救われて、受験を乗り切ることができました。

 

 

一発勝負の試験だからこそ、受験本番は、誰でも緊張します。

不安なことが頭をよぎります。

当然です。自分の力で道を切り拓くことは、簡単なことではありません。

 

でも、やりきれなかったことよりも、出来るようになったことのほうが多いはずです。

 大丈夫です。過去の自分よりも、努力した分だけ、確実に成長しています。

 

その成長の証を、答案用紙に残してくればいい。

試験が終わる最後の最後まで、諦めずに問題と対峙してきて下さい。

 

勝負は何が起こるか分かりません。

最後まで、気を抜かずに、全ての力を出し切ってきてください。

 

結果云々ではなく、「出しきった」と胸を張って帰ってきてくれること

校舎で楽しみに待っています。

 

元気に、いってらっしゃい!!!

 

下北沢校  鈴木はるか