模試の復習について | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2020年 6月 25日 模試の復習について

 

今日は模試の復習ということで、お話しをします。

 

①間違えた箇所の検証

②どのように正解を出すのか、解法を確かめる。

 

①間違えた箇所は必ず検証をしましょう。

特に英語など「読めたと思ったのに読めてなかった」という

点数の落とし方を聞きます。

そういうものほど復習をしなかったりします。

気をつけてください。

ケアレスミスもミスです。

 

間違えたものは全てなぜ間違えたのか

確認をするようにしてください。

またテキストに書いてあったものは、

テキスト内の間違えたその該当箇所に

×をつけるなどし、何度も復習をするようにしてください。

 

 

 

②間違えた問題を「覚える」ところで終わりにしてしまう方がいます。

そうではなく、「理解する」までやってほしいと思います。

 

つまり、次初見問題で間違えた問題の類題が出てきても

問題を解けるようになってほしいということです。

 

 

①②までできて、僕の中で復習をしたといえます。

基本問題だからこそ、どんな間違いをしても

ちゃんと全て受け止めて、それらに対して

真摯に取り組んだ方が点数を伸ばしています。

ぜひ、今一度自分の復習を確認してみてください。