大学で学ぶことの意義(東京工業大学) | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2018年 3月 22日 大学で学ぶことの意義(東京工業大学)

こんにちは!

東京工業大学第3類、

担任助手1年生の三村です。

暖かいと思ったら

昨日なんかは雪が降っていて、

春の天気はやはりよくわかりませんね…

明日から春休み、

という人も多いんじゃないでしょうか?

新高3(今高校2年生の人達)は

ギアを切り替えて勉強に取り組みましょう!

 

さて、僕は今年一年間、

大学生をやってきたわけですが、

そこで感じたことを一言にまとめると

「自由」

だということです。

現に今我々大学生は

春休み真っ只中なわけですが、

高校生までの春休みとは違って、

なんと1ヶ月ほど

(大学によってはもっとというところもあるようです)

休みがあります。

この間に、旅行をしたり、

色々勉強したりと、

知見を広げる大きなチャンスとなっています!

(僕はちょうど今免許取得に追われています…)

また、大学生は「学び」も自由です。

自分のより好きな分野、科目について

見識を大きく深められます。

高校生までの勉強、受験勉強は

範囲がある勉強、

しかし大学に入ってからの勉強は

「未知の世界」

自分でもわからないこと、

答えのない問題について

考える時間が増えます。

だから、受験勉強をしていずれは

受験をする皆さん、

漠然でも何でも良いです、

大学で成し遂げたいこと、

何か一つを考えながら生活してください!

実りある大学生に慣れることを祈っています!!

 

 

過去の記事