センター同日とは?? | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2016年 1月 3日 センター同日とは??

みなさん、明けましておめでとうございます。

担任助手の田中です。

ここ数日ぽかぽかしていてあんまり冬って感じがしません。

今年は暖冬なんですかね。 

 

さて、今日は新高1・2・3年生に向けてのお話です。

お正月気分は今日までにしてくださいよ!

何と言ってもみなさんはもう学年が切り替わっていますから!

このあと皆さんが意識を向けるべきは1月16・17日に行われる

センター試験同日体験受験です!!

本番までのちょうど一年前、ここでの点数が結果を大きく左右します。

ズバリ、合否は一年前の点数で分かれると言っても過言ではないのです!!

分かりやすい例で言うと、東京大学理科Ⅰ類とⅡ類の合格率です!

この図を見ると分かることは、合格者のほとんどが一年前で結果を残しているということです!

もちろん”一年前で結果が出せていないと落ちる”というわけではありませんが、

余裕を持って実力をつけているような人こそが合格するということです。

 

みなさんも自分の第一志望校は考えていますよね?

なので、まずは合格するためには一年前の時点で何点必要なのかを知りましょう。

今は便利な時代なので、学力POS合格設計図作成システム

目標得点のページで調べることができます。

第一志望校を登録するといつの模試で何点取る必要があるのかが勝手に出てきます!便利ですね。

そこで自分の目標得点を知り、その点数以上取れるように勉強しましょう。

なおかつ今回は本物のセンター試験の問題なので

より一層の緊張感を持って臨みましょう。

新年最初の模試から良いスタートをきれるように、

心して残りの時間、勉強してください!!

 

田中