センターまであと3か月!! | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2015年 10月 23日 センターまであと3か月!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

昨日誕生日だった小関です!!

色んな人からお祝いの言葉をいただいて幸せいっぱいです。

 

そんな僕にとって19歳になって初めてのイベントは明後日の全国統一高校生テストです。

前にも言ったように今回の模試は大きな意味を持ちます。

ということで今日は改めてセンター試験、またその模試の大切さをもう一度考えてみたいと思います。

 

(1)国立志望

まず国立志望の生徒は当然使います。

特に難関大で、センター比率が低い大学であるほどセンターは重要です。

確かに圧縮されるとはいえ、そこで差をつけられれば多少のリードにはなります。

しかし、それ以上に、それほどの難関校ではセンターはできて当たり前という意識が強いです。

つまりセンターもままならないような生徒を受け入れるわけにはいかないということです。

中には、センター試験である程度の点数を取っていないと二次試験の受験すら認められない大学もあります。

また、私立大学ではセンター利用で受験できる場合があります。

なのでセンターで点数を取ると、書類を書くだけで大学に合格する、なんていう夢のようなこともできます。

 

(2)私立志望

私立志望の中には「どうせセンターは使わないから」と受験を渋る生徒もいるかと思います。

でもあまりセンターを甘く見ない方がいいです。

実際にセンター模試と合否には相関関係が認められています。

それにセンター試験で必要となる迅速さと正確さは大学の入試でも必要な能力となります。

他にも、解答が選択であるなど、共通点があると思います。

広い範囲から出題されるので確認のかわりにもなるかと思います。

 

以上のようにセンター試験は全ての生徒に様々な意味のあるものです。

軽視することなくしかり取り組んでいきましょう!