残り期間の勉強で迷える方へ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2017年 12月 26日 残り期間の勉強で迷える方へ

こんにちは!勝川です!

 

本日でセンター18日前になりますね。

勉強の調子はいかがでしょうか?

 

今日のテーマは「年末年始の過ごし方」ということですが、

年末年始は勉強する方・親族で集まったり、帰省したりする方が多いと思います。

皆さんはどのように年末年始を過ごす予定でしょうか?

今回は、僕なりに「年末年始の過ごし方」について書いてみましたので、

見ていただければ嬉しいです。

 

❐「年末年始だからといってやるべきことをやらないはだめ。」

まず、年末年始であろうとやるべきことはやるべきです。

つまり、普段していること(=受講や高速マスターなどの基礎事項)は徹底すべきであると思います。

ただ、年末年始は自分の力ではどうしようも出来ないこともあると思います。

それは、例えば親族の予定で長時間外にいなければならないなどです。

なのでそのような時間がない中で、何をやるべきなのかを普段のやるべきことの中から、

さらに絞る必要性があるのかもしれません。

 

❐「目標を見据えて、今最低限やるべきことを。」

では、絞るためにどうすれば良いのか。

それは、センター試験本番(高3生)やセンター試験同日体験受検模試(高1生・高2生)で

自分が何点出したいのかによると思います。

目標とする点数を出すために、自分の弱点を補っていくこと。

そもそも自分の弱点とは何なのかを改めて考えてあげること。

その上で、自らに必要十分な補強をやっていくことを考えてみて下さい。

 

❐「点数と自分がやるべきだと思うことに素直に。」

つらつらと書いてきましたが、あくまで私の主観です。

なので、上記内容が一概に全て適切な内容とも言えませんし、かといって全て間違っているとも思えない

すごく曖昧なものになっています。

(これを言ってしまっては元も子もないことは重々承知しています。)

ただ、間違いないのは、客観と主観が大切なのは間違いありません。

今まで受けてきた模試の成績などからの客観。

点数では表れない、自分にしかわからない主観。

その2点を大切に残り僅かな時間を過ごしてほしいと思います。

年末年始は、スケジュールがすごく不安定になってしまいます。(特に低学年の方は)

その中でも、自分のやるべきことを丁寧にやって欲しいと思います。

頑張りましょう!