高2の頃の大学生(三村編) | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2017年 10月 2日 高2の頃の大学生(三村編)

こんにちは!担任助手1年の三村です!

最近だいぶ涼しい日が多くなりましたね…

風邪とか引いてませんか?

体調には十分気をつけてくださいね!

 

さて、今日は「高校2年生の今頃の三村」

これについてちょっと話していこうと思います。

文化祭も終わり、残す行事は1月に行われる寒稽古

(僕の母校には寒稽古というものがありました笑)

となったこの時期学校の先生から

「勉強を始めるのは高3になってからじゃ遅い。早くスタートを切ろう!」

と発破をかけられ、本気になり始めた周りの人たちについていけず、

僕は何をして良いのかも分からずに

取り敢えず数IAの問題集を片っ端からやっていました。

 

本当に何の見通しも持たず、

ただやった分だけ達成考えられると勘違いし、

ひたすらにやっていました。

 

しかし、その成果は虚しく、どんどん突き放されていくだけでした…

このとき、はじめて「受験を本気で意識すること」

「自分に何が足りていないのかを考えること」

「計画性を持って勉強すること」を抜きにして、

成績は愚か、受験になど到底合格できないだろう

ということを思い知りました。

このとき、親や学校の先生に無茶苦茶相談しました。

果たして部活を続けたまま、この成績のまま、

自分の志望校を受けることは

高望みなのではないかと何度も考えました。

自分一人でこういうことに気づくことは、おそらく、

と言うか多分不可能です。

自分が今後どういう目標を持って、

いかに勉強を勧めていくかということを真剣に悩むためには、

いろいろな人の話を聞くことが大切です。

 

そこで、明日から三日間、

低学年生徒説明会を追加実施します。

高1生、高2生は、絶対に参加して下さい。

いずれ受験を迎える皆さんにとって、

今後できるであろう不安を解消してくれる一つの材料になるはずです!

 

高1高2生、まだ時間はたっぷりあります。

焦らずコツコツと積み重ねていきましょう!

受験生、今まで築き上げた基礎力を存分に発揮して、

過去問や答練を解いていきましょう!