隙間時間を制するものは、受験を制する? | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2018年 2月 16日 隙間時間を制するものは、受験を制する?

こんにちは!

担任助手2年の勝川です。

 

最近、インフルエンザや熱風邪など、

体調を崩している生徒が多く見受けられます。

国公立受験を控えている受験生

春休み、勉強を頑張る新高3生・新高2生・新高1性

体調を崩さないように気をつけて下さいね。

 

本日ですが、大事な勉強法を一つお話したいと思います、

それは<隙間時間の活用法>です。

「そんなこと知ってるよ」と思う方もいるかと思いますが、

一つ聞いてみて下さい。

 

まず、最初に皆さんに確認していただきたいことがあります。

それは、勉強時間をどれほど確保しているかということです。

僕がここで意識してほしいことは、

点数競争の受験勉強における

勉強とは何かであるか

ということです。

 

点数を争う受験勉強に関して、勉強とは

「知識を一つでも体得すること」

「知識を定着させること」

だと思っています。

(特に文型志望の方は当てはまるのではないでしょうか)

 

つまり、何がいいたいのかというと、

もし現在、勉強時間の中に、

何も考えずぼーっとしている時間、

受講中に知識を入れようとしない時間は、

勉強をしているとは言えないと

私は思います。

 

上記から、もし今受講によって、

授業を理解しているだけなのであり、

覚えていたり、模試で使えるようになっていないのであれば、

実質的にそれはまだ点数に結びつく行為は

まだ行っていないということになります。

 

ですが、受講は大切です。

なぜなら、根本的な理解がなければ、体得もくそもないからです。

では、私達はどこから勉強時間を捻出しなければならないか。

それが、学校の行き帰りなど

隙間時間の活用であるということです。

 

覚えなければならないことが、たくさんあると思います。

英単語・英熟語・英文法etc

(もちろんこれだけではありません)

高速マスター講座は携帯でもできます。

隙間時間を有効的に使えるようにしていきましょう。