どうやって合格するか…?その1 | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2017年 9月 18日 どうやって合格するか…?その1

こんにちは!担任助手の武田です!!

 

昨日はひどい大雨でしたが、今

日はとてつもなく暑いですね💦

 

そして今日は敬老の日ですね!!

 

僕も去年この日は昼には帰った記憶があります。

 

 

「もう帰るの?」と言われたのですが、

 

「今日敬老の日なんで、おばあちゃんのところに行きます!」とドヤ顔で帰りました😛

 

勉強も大事ですが、祖父母孝行するのも大切ですよ😣

 

勉強時間は確保すべきですが、今しかできないこともあります。

 

後悔のないように、自分の中で優先順位をつけて行動しましょう!!

 

 

注意受験生の中では、勉強の優先順位は非常に高いです!

そこだけは忘れないでください!!

 

 

そうそう、勉強のなかでも優先順位ってありますよね!

 

 

みなさんの中でも、苦手科目、得意科目ってあると思いますが、

 

 

1、苦手科目を勉強して弱点をカバーする

2、得意科目を勉強してもっとのばす

 

 

ここから先、どっちが大事になってくるのでしょうか??

 

 

僕はここで1を選びました。

 

 

英語が二次試験レベルでは通用しないと思い、英語の受講を進めたり、

 

 

国語も古典を克服したいと思って古文単語をやったり、漢文の句形を覚えたりしていました。

 

 

理科、数学は苦手ではないが、めちゃくちゃ得意ではありませんでした。なのでこのままでいいやと思っていました。

 

 

正直に言って、正解は人によってさまざまだと思います。

 

 

大学受験はほとんどの場合、総合得点で合否が決まります。

 

 

簡単に言えば、英語100点、数学100点、国語100点の入試があったとして、合格最低点が170点だとします。

 

Aさんは、英語60点、数学50点、国語55点でした。

Bさんは英語35点、数学95点、国語35点でした。

Cさんは英語75点、数学20点、国語75点でした

Dさんは英語も数学も国語も70点でした。

 

 

 

問、このとき、誰が合格して、誰が落ちますか?

 

 

答えはAさん、Bさんが落ちて、Cさん、Dさんが合格します。

 

 

Aさんは得意科目も不得意科目もなく、強みといえる科目がありませんでした。

Bさんは数学がとても得意ですが、英語も国語も苦手でした。

Cさんは英語と国語はそこそこ得意で、数学はもう捨てていたのでしょう。

Dさんはどの科目も得意で弱点なしって感じの点数ですね。

 

 

この例から考えられるのは、

 

 

1、得意科目があると受かる

2、得意科目が多ければ多いほど受かる

ということです!

 

しかし、Dさんタイプの人なんてほとんどいません。

 

自分はどのような配分で得点していけばいいのか、

いま一度考えてみてください。そうすれば、

おのずと答えは出でくると思います。

 

センターまでもう120日を切っています

 

今、自分は何の勉強をすればいいのか、優先順位をつけて、勉強に励んでください!!

 

 

頑張れ下北生(^^)