試験開始3分前に考えていたこと~井上ver~ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2018年 2月 8日 試験開始3分前に考えていたこと~井上ver~

どうも皆さんお久しぶりでございます

担任助手1年、井上です!

最近全然ブログに登場していませんでしたので大分お久しぶりなのですが

張り切っていきましょう!!

今日のテーマは、

”試験開始3分前に考えていたこと”です。

このブログを書くにあたって、自分の試験3分前を振り返ってみました。

そうすると自分の場合、受験校によってパターンが分かれていました。

①安全圏の学校を受験する時

まず安全圏の学校、所謂”すべり止め”の学校を受験する時の3分前です。

私の場合、一番最初に迎えた受験がこの安全圏に当たる所だったので、

正直かなり緊張していました(笑)

ですがそれと同時に、

絶対この学校には受かってやるという強い気持ちがあったので、

3分前にはひたすらこの学校に合格しているイメージをしていました!

②実力相応校を受験する時

実力相応校とは=普段の実力が出せれば7~8割は合格できるだろう、という学校です!

私は全ての受験の中でこの学校が一番緊張していました

なぜなら、普段の実力が出せなかったときが怖いからです。

この時の3分前は、ひたすら何も考えないように瞑想をしていました

高校1年生の時の担任の先生が

何も考えたくないときは暗闇で揺れる蝋燭の炎を思い浮かべるといいよと教えてくれたので、

それをただひたすら考えていた3分間でした(笑)

③第1志望校

さて、いよいよ第1志望校ですが

なんとこれが、意外にも緊張していなかったのです。

ここまできてしまったら

どうせなら楽しんで挑もう!と思えたのです。

試験直前の3分間は、

今までやってきたことや、1年間の受験生活を

頭の中でゆっくり振り返りながらリラックスしていました。

このように振り返ってみると、学校によってパターンはさまざまみたいですね(個人差はあると思いますが)

これから受験を控えている受験生、大半の受験生はもう始まっているとは思いますが、

試験前こそ冷静に!意識して本番に臨みましょう!!!

頑張れ!受験生!!