試験本番に潜んでいる落とし穴part3 | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2017年 12月 29日 試験本番に潜んでいる落とし穴part3

みなさんこんばんは。早稲田大学社会科学部1年担任助手の山道です!

僕がクリスマス当日体調崩して、超絶ローテンションで過ごしたことはおいといて、

今回も岡、秋山担任助手に続いて試験本番の落とし穴について書いていきます!

 

①センター試験

 

この日僕が犯したミスはただ一つです。

それまでは完璧だったと思うので惜しまれるところです…

知ってる人も多いと思いますが、センター試験1日目は以下の時間割です。

地歴公民

国語

英語(筆記)

リスニング

僕は元々歴史が苦手で、結局入試本番までその意識が拭えませんでした。

当然、センター当日も歴史が終わった後あまりできた気がしなくて

他で取り返さなきゃと必死になっていました。

国語と英語(筆記)はそれが功を奏したようで、ここまでは順調だったと思います。

しかし、筆記が終わった後の休み時間、

同じ学校のめちゃくちゃ歴史が出来るやつに会ってしまいました。

そこで僕はそいつと、自分が不安だったところの

答え合わせをしてしまったんです…

これが最初にして最大のミスでした。

答え合わせをして、自分が思っていたより

良かった僕は完全に緊張の糸が切れてしまい、

全く集中出来ずに挑んだリスニングで、

その一年での最低点をたたき出してしまいました。

試験中の答え合わせは、

良くても悪くてもいい結果を及ぼさないので絶対にやめましょう!

 

②國學院大學 人間開発学部

 

僕は國學院久我山高校出身なのですが、受験日程が早いこともあり、

國學院大學を自分の二次試験一発目に選びました。

実質初めて受ける入学試験だったので、緊張半分楽しみ半分くらいで臨みました。

まず試験会場について思ったことは、暑い!!

暖房のききマックスで頭がぼーっとするくらいでした。

しかし僕はきちんと脱ぎ着できる服装で行っていたのでなんなくクリア。

問題は入試の開始時でした。

学校によって異なりますが、

試験開始と終了の合図は校歌だったり普通のチャイムだったりします。

國學院大學は完全に前者でした。

さあやるぞ!と意気込んで

試験開始を今か今かと待ち構えていた時に突如流れる聞きなれたメロディー。

試験開始からしばらく笑いが止まりませんでした…

系列校を受験する人はご注意を!!

 

試験本番は本当に何があるか分かりません。万全を期していきましょう!

次回は松尾担任助手が千題テストについてのブログを書いてくれます。

これはもう受ける人も受けない人も必見ですね!!