記述模試の受け方 | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2018年 5月 8日 記述模試の受け方

 

こんにちは!

新担任助手の大河原です!

(写真は緒方担任助手です)

 

みなさん、5月13日には

難関大本番レベル記述模試・

有名大本番レベル記述模試があります!!

みなさんが普段受けているセンター模試と違って、

この模試は記述式入試レベルです…!!

試験本番を意識し、

本番同様の問題に触れる良い機会なので、

受ける際のポイントをいくつか紹介したいと思います。

 

① 時計を必ず持ってくる

未だに模試の時に時計を持ってこない人がいますが、

そろそろ本番を意識しましょう!

試験場に時計は設置されていませんよ!

 

② マークミスや名前、受験番号を必ず確認する

これは本番に限らず模試でも同様なのですが、

ミスや記入漏れが目立ちます。

模試でできないことは本番でもできません!

普段から意識しましょう!

 

③ 必ず復習する 

復習は絶対に忘れないでください!!

この模試は入試レベルなので、

全く歯が立たない問題もあると思います。

しかし、「今は難しいから実力がついたら復習しよう」

なんて思っているうちは実力はつきません!!

解説授業を聞いて、

解けない問題を解けるようになるまで復習して下さい!

 

以上が主な注意点ですが、遅刻も厳禁ですよ!

模試を有効活用して、

効率的に成績を上げていきましょう!!