立教大学に入って ~今井編~ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2017年 4月 26日 立教大学に入って ~今井編~

私が通っている立教大学の新座キャンパスについて紹介したいと思います。池袋キャンパスについては知っている人も多いと思います。なので実際に新座キャンパスに通う私だからこそ言えることを言います!

新座キャンパスは埼玉県にあります。下北沢駅からは約一時間半もかかります…。通学に時間もかかるし、メインキャンパスではないし、と通う前は新座キャンパスにあまり言い印象はありませんでした。しかし!実際に通ってみると印象はガラリと変わりました。ここで、私が思う新座キャンパスのいいところを3つあげます!

①広々とした空間

キャンパスの面積で言うと池袋キャンパスの方が大きいのですが、池袋キャンパスは校舎がとても多く圧迫感があります(個人的な意見です!)。でも新座キャンパスには学部が3つしかないため校舎の数が少ないので、十分な施設もあるのに大きな広場や様々なスポーツの練習場もあり、落ち着いていてとても過ごしやすいです!

ちなみに…サークルもとても充実していて、雰囲気の良いところばかりです!また、下北沢周辺から通学する人は池袋駅を経由する場合が多いと思うので池袋キャンパスのサークルも入れるので選択の幅が広がるという利点もあります!

②図書館が便利

新座キャンパスの図書館には様々な設備が整っています。一階にはビデオ鑑賞ができるスペースや課題に取り組むための勉強ブースが東進のように1人1人区切られていてとても集中できます。座席数が非常に多いので人が多くて座れないという状態にもなりません。二階はグループワークができるようなブースが用意されています。図書館内なのに話すことができるという斬新な空間です。

③移動時間の長さを使って暗記ができる

これは私が一番うれしかったことです!!!そんな些細なこと、と思うかもしれませんが高校まで徒歩通学だった私にとって新たな勉強時間ができたことはとても大きなことです!家に居たらだらけてしまいたくなる気持ちも電車の中は勉強する、と決めるととてもはかどりますし、集中できます。大学でももちろん勉強に手は抜けないので、通学という限られた時間でも勉強時間がきちんと取れるというのは非常に大切なことです!