私の大学授業紹介!! | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2017年 11月 3日 私の大学授業紹介!!

みなさんこんにちは、担任助手の井上です。

いよいよ私達担任助手も、大学生としての生活が戻ってきて

新しい学期のスタートを切りました。

大学生は、春と秋で履修する授業が異なってくるのが特徴ですが

今回は、立教大学社会学部メディア社会学科に通っている私井上が

秋学期に履修している授業を幾つか紹介したいと思います。

①歴史への扉

今のところ私が最も気に入っている授業です!

以前のブログでも書いたかもしれませんが

私井上は日本史が大好きで、

本棚に日本史関係の本が並んでいるくらいです。

この授業では荘園制度や脱亜論などの考察といった

高校レベルでは扱わない授業をしてくれるので

歴史好きの僕にはたまりません(笑)

かなりマニアックですが、こういう所が大学の授業の醍醐味だなと思います。

②メディア社会学

遂に秋学期から学科の必修授業が始まり

メディア社会学科の私が待ち望んでいたこの授業が始まりました!

どちらかと言うと私がこの学部を志望した理由は

社会学部ではなくメディア社会学科に引かれたからなので

これからどんな事が学べるのかとても楽しみにしています。

③英語(e)

(e)とは。。。と思った方もいると思います。

立教大学には英語の必修授業が3種類あります。

一つ目はR&W リーディングとライティングの授業ですね

この授業は高校で皆さんが受けている授業とあまり変わらないと思いますが

20人程度のクラスで長文を読んだりその内容について話したりします。

二つ目はD ディスカッションです。

8人の少人数クラスでオールイングリッシュのディスカッションをします。

普段英語を使う機会が無いのでかなり大変ですが、コミュニケーションはたくさん取れるので楽しいです!

そして本題の(e)授業ですが。。。

この授業ではTOEIC対策をパソコンを使って行います!

受験生の皆さんの中でTOEICを受けたことのある人はまだ少ないかなとは思いますが

このテスト、かなり重要な試験です。

大手の企業では、このテストのスコアを元に採用基準を決めているところも多くなってきています。

この風潮には社会のグローバル化等も絡んできています。

先日ある研修でビジネスマンに英語を教えている方からこんな話を聞きました。

”数年前、『パソコンなんて使わなくたって仕事はできるに決まっている。俺達はそうしてきた』と言っていたおじさま達がいましたが、果たしてその人達は社会で生き残る事が出来ていたでしょうか?あなた達もこれからの世の中を生きる上で、『英語なんて出来なくたって仕事はできるにきまっている。俺達はそうしてきた』、と言い切ることが果たして出来るでしょうか?”

かなり衝撃的な一言で、本格的に英語をやらなければ。。。と思い始めていました。

そんなときに秋学期からこの授業が始まってとてもやる気に満ち溢れております。

大学にはいってから英語の勉強をしようと決めても

色々なことにおわれてなかなか手につかなくなってしまいますからね。

東進には、東進ビジネススクール、というものがあります。

大学生になっても引き続き英語の学習を続けていこうと思っているそこのアナタ

今回のブログを読んで興味をもったそこのアナタ

今、東進生を対象にこのビジネススクールの事前申し込みがスタートしています。

興味のある方は是非受付に一声おかけ下さい!

東進生では無い方でも始めることができるので、興味のある方は是非!!

今回のブログでは私の大学の授業についてお話しました。

受験生の皆さんも来年には、自分の好きな大学で自分の好きな授業を受けているはずです。

その自分の姿を想像しながら、勉強に励んで下さい!

頑張れ!東進生!