私が担任助手になった理由(秋山編) | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2017年 10月 6日 私が担任助手になった理由(秋山編)

こんにちは(*^。^*)

最近、英語をやらなければいけないなと焦り始めている秋山です。

 

 

今日は僕が担任助手になった理由をお話ししたいと思います。

大きく分けて2つあります。

 

①自分の経験を人のために使いたかった

これは受験中から思っていたことです。

僕は高3の春まで部活をやっていたので、受験勉強はかなり遅くから始めました。

さらに、出身校の早稲田高校では推薦制度があったため

常に受験と推薦で迷っていました。

同じ悩みを抱えている受験生は多くいると思い、

自分の経験が役に立てられればと考えました。

ですので、受験が終わる前から「塾」に勤めることは決めていました。

 

②出来る限り距離の近いサポートがしたかった

ではなぜ「東進ハイスクール」を選んだかというと、生徒との距離が近いからです。

東進の担任助手と他塾のチューターでは生徒との距離が圧倒的に異なります。

東進では担任助手が受験生の伴走者となって、

最後まで見届けることを目標としています。

生徒との距離が近くなるのも必然です。 

どうせやるならば、親身になって受験生をサポートしたいと

考えたので東進ハイスクールを選びました。

 

こう書いてしまえばあっさりとしていますがこれが主な理由です。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

また、途中にも書いていますが担任助手は生徒を最後まで見守る

伴走者を目指しています。

 

センター試験まで残り99日一緒に走り抜けましょう!!!!