私が担任助手になった理由(山道編) | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2017年 10月 13日 私が担任助手になった理由(山道編)

 

皆さんこんにちは!早稲田大学社会科学部1年担任助手の山道です!!

今回は私が担任助手になった理由について書いていこうと思います!!

以前丸山さんも書いてましたが、

私も受験生の頃は担任助手になる気がありませんでした。

現在進行形で受験に直面していた身としては、

受験が終わったら大学受験にはもう関わりたくないと思っていましたし、

塾で働くなんて窮屈そうだなと思っていたからです。

そんな私がなぜ今担任助手をしているかというと

理由は大きく分けて2つあります。

①第一志望に落ちたから

私は残念ながら第一志望に受かることは叶いませんでした。

実際に受験するまでは早慶のどっか受かればいいやぐらいの気持ちでいました。

第一志望は慶應に決まっていたものの早慶の間に

そこまで大きな志望動機の差はないなと思っていました。

でもいざ慶應の合否が判明すると、

それまでもらった早稲田の不合格とは

比べ物にならない喪失感を感じました。

自分で自分を欺いていたんですね。

自分の後輩にあたる人達に

そんな思いしてほしくないと思ったことが一つ目の理由です。

②相談相手が少なかったから

私が受験生の頃、下北沢校には

私立文系で自分の志望校レベルに受かっていた担任助手が一人しかいませんでした。

そこに不便さを感じていたので少しでも手助けができたらなと思ったからです。

これが二つ目の理由です。

今年の高3はもちろん、高2、1生にも悔しい思いはしてほしくありません。

後悔先に立たず!最後まで足掻き続けましょう!!

頑張れ下北生!!