直前期のメンタル維持法 | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2018年 1月 25日 直前期のメンタル維持法

どうも、三村です!

昨日今日と気温が低すぎますね…

体調管理にだけはしっかり気をつけましょう!

 

さあ、この時期、受験生は無我夢中で

勉強に勤しんでいることと思います。

昨日できなかったことが今日できるようになったり、

逆になかなかできるようにならなかったりと、

気持ち的にも浮き沈みが激しい時期です。

この直前期、勉強量によっては

成績が信じられないくらい上がるので、

そのためには勉強に集中できる

メンタルづくりがどうしても大事になってきます。

その中で僕が実践していたことを幾つか紹介します。

 

①自己暗示をかける

字面だけ見ると「何言ってんだこいつ」

って感じですが、要は

「これを本番までに達成できれば、絶対に合格する!」

と言った感じです。

単純かもしれませんが、

意外とこういう少しの心がけで

日々の勉強が無茶苦茶捗ります。

具体的には、僕は

「過去問10年分の解説を自分なりに全部作りきる」

という目標を立てました。

まあ目標はなんでも良いとは思うのですが、

とにかく自分の勉強のやる気の

引き金になるようなことを目標としていきましょう!

 

②受験後の生活を想像する

受験中、どうしても我慢しなければいけないこと、

あると思います。(ゲーム、お出かけ、などなど…)

残り1ヶ月、やりきったらできる何かについて、

少し想像を張り巡らせるだけでも

だいぶ気が楽になりますよ!

 

さて、メンタル維持法について

実践していたことがたくさんありますが、

要は

 

「常に気持ちをポジティブに持つこと」

「ちょっとしたことでくよくよしないこと」

 

これに限ります。

ちょっとしたことを、

心がけて常に心の健康を保てるようにしていきましょう!

この時期、心も体も健康に保たないといけない時期ではあり、

気にかけることがたくさんありますが、

「第一志望校に合格する」

という目標は見失わないように、

頑張っていきましょう!