模試の復習方法 part 1 | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2017年 10月 30日 模試の復習方法 part 1



こんにちは!
久しぶりに登場の担任助手の鵜田です。

みなさん、昨日の全国統一高校生テストはいかがだったでしょうか?
勉強の成果が出た人も、
思うようにいかなかった人もいると思います。

もちろん、結果にこだわることは大切です。
受験本番は結局、自分が何点取れるかで
大学の合否が決まってしまいます。

しかし、今の皆さんに大切な事は、
「この模試をここからどう活かすことができるか」です。
間違えた問題をしっかり復習して、
いかに身につけることができるかが最も重要です。
そこで、私が受験生時代に行っていた
模試の復習方法について今日は紹介したいと思います。

①英語
私は英語は得意だったため、
1問でもミスをすれば次は絶対に間違えないように徹底的に復習しました。

おすすめの復習方法としては、
・発音、アクセントは正しい発音で頭にインプットし直す
・文法問題は、間違えた文法事項に関する知識を総復習
・長文は再度読み直して、答えを見ないで間違えた問題は答えを考える
があげられます。

時間がなくて読み終わらなかった人は、
今度は時間をとってもいいので、もう一度しっかり解き直しましょう。
そこで間違えた問題は上に書いたように復習すればいいと思います。

②国語
国語の復習方法は<現代文>と<古文・漢文>にわけて説明します。

<現代文>
間違えた問題は解き直します。
改めてゆっくり文章を読めば、意外と解けたりします。
それでもわからない場合は、解説をしっかり読みましょう。
選択肢がある以上、正解と不正解の間には
明確な違いがあるはずです。

<古文・漢文>
解き直しをする前に
一文一文現代語訳しながら読み直しましょう。
本番では時間もないし、全文現代語訳をする必要はありません。
でも、復習の時は時間があるので、しっかり一文一文に取り組みましょう。
わからない単語や、忘れていた文法をこれによって再確認できます。
分からなかった単語は、ノートの集めて自分だけの単語帳を作るのがおすすめです。
試験当日もこの単語帳を持っていって、直前にチェックできるようにしましょう。

③数学
数学は、とにかく解き直しが重要です。
試験中は、時間が足りなかったり、焦ってしまったりで
本当は解ける問題でも間違えてしまうことがあると思います。
そのため、間違えた問題も、どの問題が本当にわからないのか、
ただ焦って間違えてしまっただけなのか、
吟味する必要があります。
その中でも解けなかった問題は、
解説を読んで、もう一度解き直してみましょう。
自力で解けるようになるまで解き直すことが大切です。
特に苦手分野がはっきりした場合は、
類題を問題集で解くことも効果的です。

④世界史
世界史は、
間違えた問題に関連する事項を
ひたすら復習していました。
その問題を間違えたということは、
その時代、地域に関する知識に抜けがあったということです。
そのため、知らなかった単語や年号をただ覚えるのではなく、
同時代、同地域の内容もまとめて復習していました。
具体的には、私は東進のスタンダード世界史を取っていたのですが、
わからなかった用語、年代が書かれた教科書のページを探して、
そのページに書かれていた全項目を暗記していました。
この方法を使えばわからないところを効率的に復習できるし、
時間がかかりすぎることもないのでおすすめです。

⑤地理
地理は、私は基礎知識が十分でなかったので、
間違えた問題に限らず、正解した問題でも
確証を持てなかった部分は
すべて解説をひたすら読み込みました。

ある意味で解説を教科書のように用いて、
センター試験だけでなく、二次試験でも使える知識を蓄えました。
特に地理はただ暗記すればいいだけでないことも多いため、
模試のように実践的な問題で練習する必要が他の社会科目以上にあると思います。
解きっぱなしにするのではなく、しっかり復習して、
模試から学習していきましょう。

⑥理科基礎
理科基礎も、地理と同じように知識が十分でなかったので、
間違えた問題に限らず解説はすべて読んで復習しました。
理科基礎はセンター試験において比較的新しく導入された科目なので、
過去問も少なく、一つ一つの模試が貴重な練習問題となります。
間違えた問題の徹底的復習はもちろんのこと、
模試からいろいろな知識を吸収してほしいです。

以上のような復習を私は毎回模試の翌日に行っていました。
一日で終わらないにしても、確実に一週間以内に復習しなければ
問題を忘れてしまい、復習に時間がかかってしまいます。
短い時間で、効率的に復習するために
模試を受けたらすぐに復習しましょう。
模試の復習には、
東進の解説授業も非常に効果的です。
やり方がわからない人は気軽にスタッフに聞いてくださいね!
一人ひとり自分流の復習方法があると思いますが、
困ったときにはぜひ参考にしてみて下さい。