模試の復習&センター数学のすすめ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2017年 6月 28日 模試の復習&センター数学のすすめ

DSC_0091.JPG を表示しています

こんにちは!

担任助手の武田です!
今週も雨が多く、
ジメジメした蒸し暑い日が
続いていていますね…
夏が待ち遠しいです(汗)
さてみなさん模試の復習進んでますか?
「鉄は熱いうちに打て」
このセリフはある漫画で、
模試が終わった生徒に対して先生が言った言葉です。
自分が解いた問題を忘れてしまう前に
早く復習をしましょう!
それから他の受験勉強をすすめましょうね(^^)
そのためにもできるだけ早く終わらせたいものです(>_<)
さて模試の復習法ですが、僕は数学について話したいと思います!
そもそもセンター数学って、
ただマーク式だと思って解いていると、
途中でつまづくことがよくありますよね。
センター数学は、はじめの方の問題は
公式を覚えていれば解けるような問題があって
最後の方は少し難しいってイメージがあると思います。
大体は正解です。
しかし、最初の方の問題は点をとらせるためにあるというわけではないんです!
センター数学の問題のほとんどは、
(全てとは言い切れないのでほとんどとしておきます)
最後の方の問題を解くヒント、誘導として
最初の問題があるといっても過言ではありません!
今回の模試にあると思うので探してみてください(^^)
これを最近話題の将棋にたとえますと、
一番最後の問題を解ければ相手を詰みにできるとします。
はじめの方の問題は、相手の王の逃げ道をふさぐ角、桂馬などの役割がある
ということ、つまり後で利いてくるということです!
わかっていただけたでしょうか?
この傾向は図形、確率、数列、ベクトルの問題では特に多く見られるので
次にその問題を解く時には意識してみてください!
復習法としては、できなかった問題は、答えをみる前に、誘導があるのかどうかをまず確認してみましょう!これは、記述式になっても同じです!!
(1)は(2)のためにあり、(2)は(3)のためにあるのです!
出題者の意図を読み取れるようにしていけるといいですね!もしできなかった原因が公式が出てこなかった、思い出せなかったとしたらインプットもアウトプットも足りてない証拠です!もっと演習を積んでいきましょう!
数学は演習量が物をいう科目です。数を多くこなしてきましょう!
(数学の話ばっかりですいません…)
頑張れ下北生(^^)