新しい学年と新しい科目 | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2018年 4月 9日 新しい学年と新しい科目

 

こんにちは!

東京工業大学材料系の2年秋山です。

新しい授業が始まり、

毎回教室がどこかわからなくなり迷子になっています(´ε` )

 

4月から東進生の皆さんは一つ上の学年になりましたね!

高2の生徒は高3へ

高1の生徒は高2へ

中学3年生は高1へ

 

学年によっては、受験が本格的に近づいてきたり

部活動の最高学年になったり…

同じように新しい学年ではより難しいことを勉強するようになります。

 

ですが、我々大学生も皆さん同様学年が変わり

環境が大きく変わっています。

 

自分の話をさせてもらうと

東京工業大学では、1年生は一般教養を学びます。

しかし、二年生になると専門科目と呼ばれる授業が始まります。

例えば、

材料量子力学

機械製図

情報処理概論演習

 

何をやっている科目なのかと言われれば、

説明することが非常に難しいです。

それは、

これらの科目が皆さんのやっている

「物理・化学・数学」の全てが融合し、

さらに発展を遂げたものだからです。

化学だと思ってたものを物理の視点から計算を使って解いてみたり……

 

これは、文系も同じことだと思います。

文学作品を考察する際に時代背景を考慮したり、

歴史を考える際に、その土地の地形や気候を研究したり

 

このように、大学の授業では今までの科目の境界線がなくなり

溶け合って、さらに高度な科目へと発展します。

 

じゃあ、結局何を言いたいかというと

特定の科目を嫌いにならないで下さい!

 

その科目は将来、きっとあなたの役に立つはずです。

 

でも、苦手だから…

点数が伸びないから…

 

なんてこともあると思います。

苦手だから、嫌い

点数が取れないからやらない

 

というのは非常にもったいないです。

将来の自分の可能性を狭めることになりかねません。

ぜひ、点数のためだけでは無く

将来自分のやりたいことのために

いろんな科目に果敢に挑んで下さい。

 

なんてことを、今日授業を受けながら考えていました笑

 

明日のブログは、吉川先生の

「学年が変わって新しく始めたこと」です!

お楽しみに!