担任助手の志作文~秋山編~ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2018年 5月 21日 担任助手の志作文~秋山編~

こんにちは!

二年生は授業が多く中々

やりたい事が出来ていない秋山です。

 

そんなこと言いつつも、さすがに

勉強も必要なことだと受け入れています(笑)

今日は皆さんに、

自分の将来についてお話したいと思います。

 

 

実は受験時は将来何をしたいか決まっていませんでした。

昔から、工作や図工が少しだけ好きだったので

将来は何かを作りたいと思っていましたが、

それ以上は何も決まっていませんでした。

そんな時に出会ったのが「材料」です。

何を作るにも必要になる材料

これを研究すれば将来やりたい事が出来ても

関わることが出来ると考えました。

 

そして僕は現在、

東京工業大学物質理工学院材料系にいます。

 

ここで、運命的な出会いをします。

実は、材料系の一部の教員が飛行機のジェットエンジンを研究する

プロジェクトを行っていたのです。

授業中にそれに魅了された僕は大学で金属を学び、

飛行機の製造

に携わりたいと思うようになりました。

 

将来は、自由に空間を動ける飛行機を

作りたいと思っています。

些細なことかもしれませんが、

これから飛行機は様々なものや人を乗せる時代が来ると思います。

 

1家に1台飛行機なんて時代もあるかもしれません。

飛行機が発達すれば、

物流が活発になり日との交流も盛んになります。

世界の遠方の地域でも楽に行き来できるようになり

世界中の繋がりが深くなれば

きっと争いもなくなるはず…?

 

そんなおとぎ話のようなことも考えながら

勉強頑張っています。

 

ぜひ皆さんも自分の勉強で何が

起こせるか考えてみて下さい!