大学のイメージ? | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2016年 11月 2日 大学のイメージ?

はじめましての人ははじめまして。

早稲田大学4年生の古旗です。ブログには初登場(?)だったと思います。
校舎で見かけたら、声かけてくださいね

 

さてさて、せっかく書く機会をもらったので、
何かみなさんへメッセージを、と思いいろいろ考えていたのですが、今回はこんなお話をしようと思います。

 

みなさんがいま一生懸命目指している「大学」というところに、
どんなイメージをお持ちですか。

 

少なくとも僕は、約3年半大学に通っていて、

大学は「自由なところ」

だなあという結論に至りました。 

 

たとえば、中学校や高校とくらべ、大学は自分で受けたい先生の受けたい授業を選択して、時間割を作ります

特に僕の通う早稲田大学文化構想学部は、科目選択の幅が広く
学期の直前には、毎回ずいぶんと時間をかけて時間割を作ります。

それに早稲田大学といえば、スポーツも強く、サークル活動も盛んで、
あと、大学生はみんなアルバイトをしたりしますよね。

こうした課外活動も含めて、とても自由な環境が大学の一番の特徴なのではないかと思っています。
 

 

その一方で、中学校や高校のように、カリキュラムがきっちりきまっていて、
1年間である程度皆さんができることが決まっていて、という環境から、 

大学というこれだけ自由な環境に突然移るというのは、実はある意味残酷なことです。

自由」な反面、「自己責任」な環境でもあります。 

極端な話、せっかく大学に進学し、何もせずぼーっと4年間過ごしてしまっても、
それは「自己責任」 、誰かが正しい道を示してくれることは少ないでしょう。

 

だから高校生のみなさんに一つアドバイスを送るとしたら、
普段から自分の未来は自分で決める、という意志を持ってほしいな、ということでしょうか。

意志を持っていれば、周りに流されることも、日々を漫然と過ごすこともありません。 

自分が大学に行く意味、大学で学びたいこと、
これが今の時点から見定めることは、大学に入ったのちにも役立つと思います。 

「何をしに大学に行きたいのか」
「将来やりたいことは?」 

と僕らが常に皆さんに問いかけるのは、むしろ僕たち自身が普段大学に通っていて、
それを考えることの必要性を、ひしひしと感じているからなのです。

ぜひ皆さんの 「意志」も、聞かせてもらえるとうれしいです。