夏休みの勉強法(英語編) | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2017年 7月 2日 夏休みの勉強法(英語編)

こんにちは、少しお久しぶりな気がします岡です!

そろそろ定期テストも近づいてきて学校の勉強にシフトしている人もいるのではないでしょうか?

両立も大切なのでそんな中でも受験勉強というものを忘れないようにしましょうね!

私もテストやレポート頑張るので、一緒に頑張りましょう…!

 

本日から、長い夏休みを有効活用してもらいたく、各教科の勉強法の一例を紹介していきます!

 

今日は【英語】です!

受験において一番悩ませられる科目であり、一番合否を分ける科目です。

私は英語が出来なかった入試の大学、学部はとことん落ちました。

そのような思いもしてほしくないので、迷っている人には私が実践していた勉強法を参考にしてほしいなと思ってます!

 

①語彙力

単語を覚えていないと長文も文法も解けないことはみんな知ってると思います。

でも中途半端な知識量だと私大の長文の選択肢を

単語の意味がわからないから切れない…みたいなことが起きてきます…実体験です。

長文の場合は周りの文脈から単語の意味を推測できますが、

選択肢だとヒントが少なすぎて思うように推測できません

なので、夏休みも継続的に単語帳は見ておきましょう

 

②文法

 

これはみんなが一番悩ませられるポイントですね

私もたくさんたくさん悩ませられて夏休みで点数を安定させました!

そのためには文法の参考書を多めに解いて

大問分野別演習講座を使って大問2を毎日4つずつのペースで解いてました。

がむしゃらに解くだけでなく、間違えたところは見直してその類題はもう絶対に間違えないようにしていました!

そのおかげもあって8月模試では初めて文法で満点とることができました!

 

③長文

 長文は毎日触れることが大切です!

日本語だったら嫌でも町中の看板とかで触れますが、英語は意図的に触れない限り目にする機会はどっと減ります

なので、毎日必ず一つは読みましょう

これは初見の問題じゃなくても構いません!

授業で取り上げられて十分理解している問題を読み直すことで構文や単語の細かいところまで目が行き届きます!

何でもいいので必ず一つは黙読または音読して下さい!!

 

これらは私が一年前にやっていたに反省点を加えて考えた勉強法です

これらだけが選択肢ではないので自分に合った勉強法を

ぜひ探して8月の第4回センター試験本番レベル模試で良い点数が取れるように頑張りましょう!