一球入魂に見いだす合格への道 | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2016年 8月 8日 一球入魂に見いだす合格への道


こんにちは重原です!

今年はあまり話題になっていませんが、

全国の高校生にとっては何かと気になるものであろう夏の甲子園の季節が今年もやって来ましたね!

昨年の僕は受験期だというのに自分と同い年の人達が最後の夏での優勝を目指して戦う姿に気になって仕方がありませんでした。

 

さて、皆さんは「一球入魂」という言葉をご存知でしょうか?

野球において、ボールを扱うその1つ1つの動作に対し魂を込める、という意味なのですが

よく野球部などでは標語としても掲げられていたりしていますよね。

これが受験勉強に繫がるのか?と思うと全然ピンとこないと思いますが、

「ボール」の部分を「問題」に変えてみると、僕はちゃんと繋がるところがあると思っています。 「一問入魂」です。

野球は逆転の非常に多いスポーツです。気を抜いたプレー1つが思わぬ結果を生むこともあります。

受験もまた最後の最後まで何があるか分からず、1つのケアレスミス、1点の差でくっきりと明暗が別れます。

考え方によっては「非常にシビアなもの」ですが、考え方によっては「気持ち次第ではいくらでもひっくり返せる」ものでしょう。

夏休みも中盤にさしかかり、中だるみしてしまうと、最後にかならず響きます。 この言葉を思い出して、もう一回気合を入れなおしましょう!!