モチベーションの維持法~松尾編~ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2017年 8月 22日 モチベーションの維持法~松尾編~

 

皆さん、おはようございます!!!

最近毎日早く起きることを目標に過ごしているので、ようやく朝6時前に起きる習慣がついてきました、

担任助手1年の松尾香菜です!

いよいよ8月センター試験本番レベル模試まであと5日ですね…!!

目標点数突破に向けてしっかり勉強できていますか?

 

夏休みもいよいよ終盤、

7月20日から始まった朝登校も、残り9回しかできません!!!

 

さて今日のブログでは、昨日の喜久田さんに引き続いて、

私なりのモチベーションの維持方法について書きたいと思います!

あくまでも参考程度にしてくださいね~^^

 

★★★★★★★★★★★★

 

私は高2の8月から約10ヶ月アメリカに留学していて、

留学中に何も受験勉強を進めていなかったため、受験勉強のスタートが7月という、

かなり遅いスタートだったこともあってかなり焦っていました。

そんな中でも、私の受験生活を支えた大軸には、

家族や先生や友達などの期待に応えたい強い思い

なんとしても上智に入りたいという気持ち

がありました。

★★★★★★★★★★★★

 

まず、一つ目に挙げた家族や先生や友達などの期待に応えたい強い思いですが、

受験を通して、自分の中ではこれが一番大きかったと思います。

 

特に、いつも支えてもらった両親の期待に応えるのは、

合格の知らせが一番の親孝行になると信じて、

毎日の勉強のモチベーションにしていました。

 

自分に期待をかけてくれる人、見渡してみれば周りにたくさんいると思います。

一度、支えてくれる人の姿を思い浮かべて勉強してみてはどうでしょうか?

 

★★★★★★★★★★★★

 

次に、何としてでも上智大学に入りたいという気持ちについてですが、

私が第一志望校を上智大学総合グローバル学部に決めたのは9月上旬くらいでした。

日々過ごすうちに「上智になんとしても受かりたい」 「上智に絶対通いたい」という思いが強くなり、

それが私の勉強に向けた原動力になっていました。

 

成績に伸び悩んだ時や、思い詰めた時には、

上智大学のパンフレットを眺めながら

「自分はここに行くぞ~~!」と言い聞かせて

気持ちを引き締めるようにしていました!!!

 

★★★★★★★★★★★★

 

以上ふたつが、現役時代に私がやっていたモチベーションの上げ方になります。

 

あとは当たり前のことではありますが、毎日ストレスを溜めすぎないよう、

最低限の睡眠時間の確保と栄養摂取、適度な気分転換で、

体に負荷がかかりすぎないことを前提にして毎日を過ごしていました。

体調崩してしまったら元も子もないですからね…!!!

 

くれぐれも体調管理には気を使って、

自分なりのモチベーション維持法で、

あと模試まで5日間

夏休み残り9日間

最後まで頑張っていきましょう!!