モチベーションの維持法 ~喜久田編~ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2017年 8月 21日 モチベーションの維持法 ~喜久田編~

こんにちは!

模試まで一週間をきりましたね…

今日も校舎は7時から開いていて、生徒も朝登校をしています\(^^)/

 

二日連続朝登校ということで、少し眠い喜久田です…。(´・ωゞ)

でも受験生ががんばっているのでそんなことは言ってられないですね!

私も気合い入れて頑張っていこうと思います!!

 

今日は私のモチベーションの維持法を紹介します。

あくまでも私のモチベーションを維持していた方法なので

うのみにするのではなく参考にして下さいね☆彡

 

私は受験生の8月中旬まで部活を続けていてこの時期は危機感しかなかったので

あまりモチベーションが下がることはなかったですが

維持できたのには2つの理由があると思います。

 

①どうしても第一志望校に行きたかった

②部活を最後まで続けても合格できることを示したかった

 

この2つだけです。

①どうしても第一志望校に行きたかった

 

これと言って心理学の本を読んでいたとかいうわけではないのですが

高2の頃から心理学に興味を持ち、大学では心理学を学びたいと思っていました。

心理学で有名な大学を調べたときに上智大学の名前がでてきました。

実際に行って授業を受けて決意を固めました。

 

②部活を最後まで続けても合格できることを示したかった

 

私が所属していた部活は吹奏楽部でコンクールにも出場していたので

最後まで続けると早くて8月中旬遅いと10月頃になってしまうため

受験生になる前の高2の春で部活を引退する人が多くいました。

しかし、私の部活はそもそもの人数が少なく高3が全員辞めてしまうと

コンクールにもでられないという状態でした。

みんなで話し合いをした結果12人の高3は残ろうと決意して

最後だから今までで一番良い結果を出そうと練習も怠りませんでした。

でも私は第一志望に合格できなかった時それを部活のせいには絶対にしたくなかったので

高3になってからは毎日学校に7時に行って部活がある日には勉強、ない日には朝練をしていました。

部活をやめた人に負けたくないという気持ちが強かったのでそれがモチベーションの維持にも繋がったんだと思います。

 

私のモチベーション維持には2つの理由がありました。

みなさんも改めて自分に向き合ってみて

原動力を再確認する時間も重要だと思うので時にはそういう時間をとってみてください!

 

夏休みもあと少し!!がんばりましょう!