この先の時間の使い方~受講編~ | 東進ハイスクール下北沢校|東京都

ブログ

2017年 9月 13日 この先の時間の使い方~受講編~

皆さんお久しぶりです!

先週までアフリカにいた今井です!

焼かずに帰国した自分を褒めたいです!

 

さて皆さん!

合格設計図作成会には出席しましたよね!

計画を立てることを侮ってはいけませんよ!

計画さえ立ててしまえば

あとはその計画を信じて毎日コツコツ実行すればいいだけですから!

 

今回はこの先の時間の使い方についてお話します

計画を立てる上で少しでも役立てば良いなと思います!

 

ではここで

参考までに去年在籍していたある生徒の9、10月の受講履歴を載せておきます

 

 

 

そして受講と並行して過去問演習もしなければいけません!

答案を提出してからだいたい5、6日で返ってくるので

それをベースにサイクルを作ることが大切だと思います!

 

例えば、

日曜に二次・個別試験を通しで解き、提出したら、

平日は

受講を主に進めつつ

日曜に解いた問題の復習をしたり

11、12月に入ったら併願校の過去問を解いたりするのもおすすめです。

 

ここで重要なポイントは2つです。

 

1、第一志望校の過去問を解いたら、すぐに復習する

答案が返ってきてなくても

東進過去問データベースなどに答えは載っていますし

解説が手元に無かったとしても出来る範囲で復習は必ずして下さい。

その状態で解説授業を受けるのが最も効率的だと思います。

 

2サイクルを崩さない

受講が終わっても、併願校の過去問や第一志望校の過去問の2、3周目という

新しいサイクルにすぐシフトしていく必要があります。

でも受講修了時点でまた計画を立て直している時間なんてありません。

一秒も無駄にしないためにも長期的な計画を今の段階で立てて

それを崩さないことが非常に重要です。

 

あまりまとまっていませんが

こんな感じでサイクルを作って勉強してみてください!!

 

 

 

ここからは余談なので、

息抜きしたい時にでも見てほしいなと思います笑

 

先程、アフリカに行ってきた言いましたが、

異文化に触れるってやっぱり大切なことだなと改めて感じました!

 

世界には勉強したくてもできない子供がたくさんいると分かっていても

実際にそういった文化に触れる機会は少ないですよね、、、

 

 

そこで

今回の経験で学んだことを少しお話したいと思います

 

アフリカには経済的に勉強できない子供がたくさんいます

しかしきちんとした教育を受けられている子供も少なからず居ます

 

そういった子の学力は本当に高いです

 

まず

小学生の時点で2カ国語話せますし、

13歳から国語、数学、理科、社会全て勉強しています

 

中学4年生が終わると国家試験があり

それに落ちるとその先勉強することはできなくなります

 

大金をかけて勉強しても将来家族を養える程稼げるか分からない中で

毎日9限まで授業を受けて夏休みも勉強しています

 

その中には経済的な理由から退学していく子もいます

そういう厳しい状況常に居ます

 

 

今回の経験で

今自分のいる環境がどれだけ恵まれているのか実感することが出来ました

それに

この環境を少しも無駄にできないも思いました

 

皆さんは今大学受験という大きな壁に立ち向かっている所ですが、

 

今はそれが辛く思えても

世界からみたらとても幸せな状態なんだ

 

と思ってもられると良いかなと思います。

 

また、これはよく言われてると思いますが

大学受験がゴールではないです!

 

大学受験はただの踏み台であって

その先何をするかが重要です!

 

だからこそ、

将来自分が挑戦できることの選択肢を広げるためにも

踏み台である大学受験で

絶対に後悔してほしくないです!!

 

 

今回は少し長く書きすぎてしまいました笑

普段あまりこういうことを言う機会がないのでブログに書いてみました!

 

いつも皆さんのことを応援しています

がんばれ下北生!!